YouTube

できていることの「事実」を見る習慣

インナーチャイルドヒーリング

普段の生活で

自分自身が「できていない」ことに

ついつい目を向けてしまって

「あ〜

 なんて自分はできていないんだ」

と、

できていない自分で満足していませんか?

私はそのタイプです。

「できていない」自分を見ていくことは得意で

ついつい

「ダメだな〜」って思ってしまうのです。

できていない自分に満足

自分の中の「できていない部分」をしっかり見ること。

そして「できていない」ことを

「できる」に変えていくこと。

これはとても大切なことです。

できないことが

できるようになれば嬉しいものですし、

達成感もあります。

成長したという実感も得やすく、

変化を掴みやすいというメリットもあるでしょう。

でも、

もしも毎日の習慣として

「できていない」自分にばかりに目がいってしまい、

「できている」自分は見ないようにしていてはどうでしょうか?

いつの間にか

自分が「できていないこと」に満足しまうようになります。

そして、

「できていない」自分でいることに安心感を覚えるようになります。

私は

できなくて当然だ。

だって、

ずっとできてきてなかったのだから。

できている自分を承認する

自分の中の「できていない」部分を見ることは

メリットもありますが

同時にデメリットも存在しています。

先ほど書いたように

「自分はできないんだ!」という思いが習慣化してしまうと

結果的には

「できない自分」が揺るぎないものとなり、崩すのが難しくなります。

「できる自分」への変化を妨げてしまうということです。

もし、

「できない自分」を認めるのではなく

「できる自分」を認めていくということが習慣化するとどうなるでしょうか?

同じような理屈で考えると

「自分はできるんだ!」という思いが習慣化することによって

結果的には

何かを成し遂げよう、何かに挑戦しようという時も

「自分はできるんだ!」という思いが当たり前のように働くので

新たな挑戦や行動に対する抵抗感が減り、

結果や成果を出しやすくなる。ということが考えられます。

目の前の「できている」を認める

「できている」自分を認めるために

まずは

目の前の1つ1つの「できていること」をしっかりと認めていきましょう。

もしかすると

今までの習慣から

「できない」ことは簡単に認めることができて

「できないから、頑張ろう!」というパワーは働きやすいかもしれません。

そこで、

最初は観念的でも良いので、

できたことに対して、

ちゃんと自分が承認する。ということをやってみましょう。

どんなことも効果があります。

  • 朝、ちゃんと起きられた
  • 家族と会話した
  • 会社に行った
  • 仕事で達成できたことがある
  • 止まっていた案件が進んだ
  • わからないことが少し理解できた

どんなことでも、

ご自身の中で「できた!」という感触があったものを

その場その場で認めていきましょう。

習慣化で書き換える

もしも私のように、、、

「できない」自分でいることが当たり前になってしまい

「できない」自分に満足して、

ついには、なかなか新しいことへと動き出すことができなくなってしまっている。

そんなお悩みがあるようでしたら

先ほどご紹介した方法はオススメです。

やり方は簡単ですし、すぐにできます。

継続することで習慣化され

ご自身の中で「できる」状態が当たり前になってきたら

人生がよりスムーズに動き出すキッカケにもなるでしょう。

問題は自分の中の固定化された観念だけです。

本当に変化を望んでいるのか?

もしあなたの本心が

「変化を望んでいない」のであれば、

「できない」自分でいることに強い魅力を感じているかもしれません。

「できない」自分でいた方が

変化が起こりにくく、人生が変わらない。という安心感があるからです。

あなたの中に

「どうしても変わりたい。」という思いが強く、

変わることを本当に望んでいるのであれば

「できない自分」に満たされた自分の状態に対する認識を

変えていくことが必要です。

今、すぐにできることがきっとあります。

今日から

新しい人生が始まる。

そんな1日を過ごしてみませんか。