YouTube

グルテンフリーを3年継続して分かったこと

グルテンフリー

久しぶりに

グルテンフリーについての話題で語りました。

いつもより長尺の動画です。

3年間の思いをたくさん込めて話しました。

3年もグルテンフリーをやっていると

グルテンフリーを実践しているって

なんだか特別なことに思えるかもしれませんが

3年もやっていると

もう、、、

当たり前の感覚になってきます。

小麦粉を食べないのが当然。

という感じです。

ですので、

例えば、

差し入れのケーキが来たのでみんなでシェアして食べよう!という時

私だけ呼ばれません。

呼んでも食べないことをみんな知っているので人数に入っていません。

だからといって、、

わたし自身は外された。。。というような自己否定感も無く。

ケーキは食べないものだ。という認識が当然のように働いています。

小麦粉を食べる恐怖

グルテンフリーを始めた頃は

小麦粉を食べられないこと。

小麦粉そのものというよりも

小麦粉を使った魅力的な食品の数々を食べられないことに

ストレスを感じていたこともありました。

ケーキ、パン、うどん、ラーメン、パスタ、お好み焼き、たこ焼き、カレー・・・

外食をすれば、

多くのお店ではグルテンフリーの食事には出会えないことも。

小麦粉を食べられないって嫌だな〜

と思うことも多々ありましたが、

グルテンフリーを継続していくと感覚は大きく変わってきました。

小麦粉を身体に入れてしまうことに対する恐怖心が出てくるのです。

わたしの場合は分かりやすく

小麦粉を使った食品を食べると

その後、激しい頭痛と腹痛に襲われ、数時間後に下痢になります。

とても苦しい時間です。

それが少しの小麦食品であっても反応したので

わたしの場合は相当、グルテンが身体には合っていなかったのだと思います。

そんな恐怖体験をしていることもあって、

魅力的な小麦食品を目の前にしても

段々と食べたいという気持ちは抑え込まれていき

それよりも小麦粉を食べることによって起こる身体の異変を察知した恐怖心の方が強く出てくることがあります。

そうなると、もう小麦粉を食べる必要性が自分の中でなくなってきて、グルテンフリーであることが当たり前になってきたという感覚です。

グルテンフリーの効果

動画の中ではわたしが感じたグルテンフリーの効果を2つ紹介しています。

グルテンフリーによって感じ取る効果は人によって様々でしょう。

もしかすると

グルテンフリーを実施したとしても

今までと体調があまり変わらない。という方もいらっしゃるかもしれません。

グルテンフリーの効果は

ぜひ、ご自身で感じ取ってみて欲しいものです。

グルテンフリーの効果。という点で注意したいのは

「主体的に受け取りに行く」ということです。

なんとなく良さそうだと続かないかも

これも人によるとは思いますが、

グルテンフリーは何となく良さそうだからやってみよう。

だと、

もしかすると継続することが難しいかもしれません。

これはグルテンフリーに限らず

継続をすることによって効果を得たいもの全般に言えることかもしれません。

グルテンフリーの最大の特長は「簡単に始められる」ということです。

グルテンフリーの実践にあたり、何かを買ったり、何かに入会したり、といったようなことがありません。

単純に

今日、これから食べる食事から小麦粉を抜く。ということですので

いつでも簡単に始めることができます。

ということは

逆を言えば

「いつでも簡単にやめられる」ということでもあります。

継続できないものの特徴

継続できないことの多くは同じような特性を持っているかもしれません。

簡単にできる、始められて

簡単にやめられるもの。ということです。

特に金銭的な投資、費用負担がないと心理的にもハードルが低くなり

簡単に始めてはみたもの

いつの間にかやめてしまっていた。ということが起こります。

効果を自分で感じる

継続が難しいものであるからこそ、

先ほど書いたような「主体的な受け取り」というのが重要になります。

自分でグルテンフリーの効果を感じ取り

自分自身が「いいな」と思えないと継続は難しいかもしれません。

もし、

グルテンフリーに興味がある、始めてみたいなという方は

簡単にできるものではあるので、

まずは今日の1食から始めてみませんか?