YouTube

トイレットペーパー不足で手に入らないという不安に巻き込まれない

いま、急激に世の中が変化しようとしています。
キッカケは何よりも「新型コロナウィルス」ではありますが、新型コロナウィルスがどこまで広がり、いつ収束するのか?
それは誰にも分からないことではありますが、コロナウィルスをキッカケとして世の中の変化が加速しているのは間違いないようです。

トイレットペーパーが不足する

先日、ちょうど自宅のトイレットペーパーが切れかけていたので買いに出かけた所、4店舗程のドラッグストア、スーパー、コンビニ、ホームセンターを回ってすばての店舗で売り切れているという状態でした。

トイレットペーパーが不足
トイレットペーパーが不足して売り切れている店舗

皆さんも体験されたのではないでしょうか?

さらに拍車をかけるようにテレビのニュースではトイレットペーパーが不足していることを報道され、翌日以降も店舗にはトイレットペーパーが売り切れている状態が継続して続いています。

また、楽天市場やAmazon、オムニセブン等の主要なネットショップでも売り切れ状態が続いており、実質的にトイレットペーパーが手に入りにくい状態になっています。

地域差もあるのか?

私が住んでいる関東地域は反応が早かったのか既に売り切れの店舗が続出している状況でしたが同じ日に関西の親族に電話で状況を聞いたところ、売り切れ状態にはなっていなかったようです。
ただ、その後の夕方のテレビニュース等をキッカケにトイレットペーパーの買い占めが起こり、不足している状況は関西でも起こったとのことでした。

これは、私の個人的な予想ですが東日本大震災の物資不足の影響もあったのでしょうか?
有事には早めの備え、そして物資が不足するという経験から関東地域の人の方が敏感に反応したのかな?とも思ってしまいます。

食料品も売り切れ状態に

今日は日曜日。朝食の材料が無かったので朝からスーパーに買い物に行ったのですが、朝からスゴイたくさんの人でした?
みんなトイレットペーパーを買いに来ているのかな?と思ったのですがそういったわけではなく、食料品の棚。
中でもカップラーメン等の保存食関連の食品がほとんど売り切れ状態になっていました。

いったい何が起こっているのか?

わたしにはまったく想像がつかないような状況が起こっているのか?

と、なぜか不安な気持ちにさせられます。

世界同時株安、休校、買い占め・・・

2020年2月の最終週にはたくさんのネガティブ要因が一気に起こっています。

新型コロナウィルスとは直接の影響が無さそうなものまでも、すべて関連性をもって起こっています。

不安が不安を呼び込み、また新たな不安を作り出す。

そして個人、それぞれの中に不安を呼び込み、不安と共に過ごし始め、不安に対して敏感になっている。

そんなパターンが日本中で表面化し始めているような印象です。

自分の中の何が不安なのか?

様々な不安要因が起こり、不安な気持ちになってしまうのは分かります。
私もトイレットペーパーが手に入らないと分かった時、どうしても購入することができない状況になったとき、とても不安な気持ちになりました。

ではいった、自分自身の中で何に対して本当は不安だと感じているのでしょうか?

目の前に起こっている減少に囚われてしまうと、本当の自分を見失ってしまう可能性が高くなります。

普段、このように分かりやすい形で「不安」が表出することはあまりないと思います。
せっかく出てきた「不安」です。

ただ、ただ、

不安という気持ちに押しつぶされるのではなく、本当の自分を感じ取ることができるチャンスと捉えることも可能です。
この機会に、自分の中に出てきた不安と向き合ってみてはどうでしょうか?

不安と向き合うメリット

自分の中に出てきている不安と向き合うことによって、今目の前ある危機を乗り越える力が身につきます。
そして危機が去った後に自分自身のパワーを出しやすい。そんな状況に変えることができるかもしれません。

不安は怖れに繋がりやすいものですが、恐れ続ける必要はないでしょう。

正確に状況を把握し、冷静に自分自身を見ることができれば、世の中全体も大きく変わっていくのではないでしょうか。