YouTube

外見を気にするよりも自分の内側への影響を見直す

人からどう見られているか?
人にどう思われているのか?
周りの人にどのように評価されているのか?
自分は周りから見て問題が無いのだろうか?

気になって仕方が無い。

そんなことはありませんか?

外見よりも内側を気にしたい

わたしが実践をしているグルテンフリー
実践をしている中での気づきの一つとして

「人は外側のことは気に掛けるが、内側に入ってくるモノには意識を向けない」

ということがありました。

人は外見はとっても気にします。

  • 髪型
  • 肌の調子
  • 化粧
  • 服装
  • スタイル
  • 姿勢
  • 話し方
  • 喋り方
  • 声の調子
  • 気の使い方
  • 発信する情報

どのように見られているのか?はとても気にすることが多いのではないでしょうか?

それに比べて、自分の中に入ってくるもの。
自分自身に直接影響を与えるようなものには、あまり関心を払っていない。
そんなことはありませんか?

インスタ映えは気にするが、何を食すかは気にしない

例えば、

自分が食べているもの
食事そのものの行為やスタイルが
周りからどのように見られているのかは気にするが

実際に食べているものが自分自身の身体にどのような影響を与えているのかはあまり気にしない。
ということです。

ご自身の身体を形成しているものは、周りからどのように見られているのか?
という、周囲からの評価ではなく、

実際に身体の中に入ってくるもので構成されおり、大きな影響を受けています。

インスタ映え
インスタ映え

周りからどのように見られているのか?思われているのかを気にするあまり

実際に食べているモノ、そのものに意識が向かない。ということがあります。

すぐの影響は無い

自分の外側に出ているものはすぐに効果が表れ、影響があります。

例えば、
髪型を変えれば、周りの人は変化に気付いてくれるかもしれません。
話し方を変えれば、商品がたくさん売れるようになるかもしれません。
情報発信を見直せば、アクセス数が増えるかもしれません。

自分の外側に出すものを変えることで、自分自身が変わり、人生が変わる、うまくいく。そんなことも当然ながらあります。

そして、多くの場合
自分の外側を変えることを推奨し、分かりやすい形で変化することを望んでいます。

一方で、食生活を変える食べるモノを見直したところで、すぐに変化が表れるわけではありません。

また、逆に言えば、身体にとって負担のかかる食事を続けていたとしても、多くの場合はすぐに悪影響を及ぼすということもないでしょう。

しかしすぐには表面化しない悪影響ですが、実際に悪い影響として表面化する時は
「時すでに遅し」ということが多々あります。

それは、成人病のような生活習慣病やがんのような大きな病気となって表れるからです。

「がん」になってから食生活を見直すという方も多いでしょう。
しかし、既に身体の中にできてしまった「がん」を食生活を見直すことによって治すことはできません。
再発防止が多くの場合は目的です。

このように、
自分の外側を変える、見直す場合はすぐの変化、直接的な影響が分かりやすく表面化してきますが、
自分の内側に入ってくるものを変える、見直す場合は、その影響が分かりにくい。
ということがあります。

立ち止まって見直してみる

そこでおススメしたいのが、一度立ち止まって自分の内側に入ってきているモノを見直してみる時間を作り、そしてできる範囲で変えていくということです。

極端に、

ベジタリアンになるとか、ヴィーガンが良いよ。ということではなく。

自分にとって負担感の無い食事。
自分のカラダが本当によろこんでくれそうな食事。

そんなことを考えてみるということです。

多くの人は無意識に食べたいものを食べたいだけ食べています。

もちろんそれによって、ストレスが軽減されたり、満たされる気持ちもあるでしょう。

しかし、
自分の「欲求」を満たすことだけで食事を構成すると、多くの場合は成人病のような生活習慣病を抱え込む可能性が高くなります。

自分を大切にする

お伝えしたかったのは

ご自身を大切に取り扱う。ということです。

ストレスを抱えない、欲求を満たす。ということも自分を大切にすることに繋がりますが、できればそれだけではない、本質的な自分自身の喜びに繋がるような生活習慣を身につけることができれば、人生もまた大きく変化することでしょう。

それには、最も簡単な方法として

自分の外側だけではなく

自分の内側に入ってくるもの、影響を与えるモノに目を向け、変えていく。

ということです。