YouTube

完璧主義を捨てて、とにかく動き出す

一歩を踏み出す

行動できない、動き始めることができない、最初の一歩が踏み出せない、次へと行くことができない。
そういった、動き出すことができない理由の一つに「完璧主義」があるのではないでしょうか。

理想が高いほどに動き出せない

高い理想や夢、目標を持つことは素晴らしいことです。
ただ、その理想が高いほどに実際に最初の一歩を踏み出す、動き出すことが難しくなってしまうこともあります。

理想の自分と自分のこれから始めるであろう行動とが完全に一致した状態でないと動き始めることができない。
そんな状態になってしまい、動き出すことができなくなってしまうのです。
これを私は動画の中で「完璧主義」と言っています。

完璧な自分を目指すあまり、完璧な自分と今の自分が乖離していることを理由に動き出すことができないでいるのです。

理想の状態でないとできない

理想が高いほどに理想の状態でないとできないと思っていませんか?

例えば子供を見てみるとよく分かります。
ピアノを弾いてみたい、習ってみたいと練習を始めてみたものの、よほどの天才ではない限りいきなりプロレベルのピアノ演奏ができる人はいません。
ところが子供は「ピアノが弾けない~」と泣き喚いてしまう。
他の習い事であっても同じようなことを目にしたことはないでしょうか?
もしくはご自身の子供の頃の記憶に同じような情景は残っていないでしょうか?

子供がそのような行動に出ることは、大人から見れば「最初から完璧になんかできないから練習するんでしょ。」ということができます。
ところが、大人になってから同じ状況におかれても、子供と同じようなことをしてしまっているのです。

理想に近い状態で始めてみる

そこで、おススメしたいのが理想により近い状態で第一歩を踏み出してみるということです。
理想の状態に近い方が良いに決まっています。
しかし、その状態になるまで待っていてはいつまで経っても始めることができない。いつの間にか諦めてしまうということにもなりかねません。

まずは最初の一歩を理想に少しでも近い状態で始めてみるということが重要です。