YouTube

自分らしい「才能」の見つけ方

才能

自分の才能を見つけて

自分の才能を生かして

自分らしく生きていきたい。

そんな思いはありませんか?

ところが、実際には

なかなか自分らしい才能を見つける事ができない。

そんな方に

自分らしい才能を見つけるためのヒントをお話ししています。

才能はどこにあるのか?

自分の才能はどこにあるのか?

考えたことはあるのではないでしょうか?

私は

しょっちゅう考えていました。

才能と言われるものが突如として現れて

才能が開花して、

才能を生かして、

どんどんと仕事をして

誰からも認められて

すごいねって言われる。

そんなものは

夢想ですね。

一部の人にはそういった

いきなり才能がやってくるという人もいるかもしれませんが

多くの場合は、

いきなりやってくることはないでしょう。

では

才能はどこにあるのか?

やりたくないことの中に隠れていそう

自分の中に眠っている才能を見つけ出すためのヒントして

「自分のやりたくないこと」の中に隠れているかも。

という可能性を考えてみましょう。

才能は

自分がやってみたいこと

好きなこと

得意なこと

夢中になれること。

そんな中にありそうですが、

そこに見つからなかった場合は

「やりたくないな〜」と思っていることの中で探してみます。

どうしてやりたくないのか?

自分自身がやりたくないなと思っていることは

  • できない
  • 難しい
  • ハードルが高い
  • 容易ではない

といったことではなく、

ただ気持ちの問題として「やりたくない」という事があります。

もちろん、

難しいからやりたくないということもあるかもしれませんが、

「やりたくない」とすることによって、自分を抑えつけてしまっている部分があるかもしれないということです。

行動することによって露呈する事実

「やりたくない」こととしてしまう理由として

まずはうまくいかないという思い込みがあります。

  • できない自分をみたくない
  • どうせ失敗するから
  • いつも同じ失敗パターンは嫌
  • 行き詰まるのはしたくない
  • 冒険はしたくない
  • うまくいかないことをわざわざしたくない

うまくいかないであろうことを現実化させることへの恐怖が足を止めてしまうということです。

そして、もう一つは「うまくいってしまう」ことへの恐怖です。

  • うまくいくと嫌われる
  • 嫉妬される
  • ウザがられる
  • 有頂天になってしまう
  • 調子に乗ってしまう
  • 自分を見失ってしまう

もし、自分が取り組んだら「うまくいくかも」という要素が強いほどにうまくいってしまう自分が受け入れられなくて、トライすること自体を躊躇してしまうという事があります。

やりたくないことの中に才能

上記で2つのパターンを上げましたが

どちらにしても、

自分の中に

やってみたいけれど

やりたくないこと。にしてしまうことによって

現実を変えたくない、うまくいく自分にはなりたくない。

という変わらない自分への執着があります。

しかし、

よく考えてみて欲しいのは、

「執着がある」ということは

「変わってしまう」可能性が高い。ということでもあるのです。

より大きな変化が恐い、変わりたくない。

という思いが強いほどに

「やりたくないこと」に自分の中で位置付けられていきますが、

同時

「やりたくないこと」の中には、

自分の才能が隠れている可能性が高い。ということになります。

まずはトライしてみる

自分の中で

「やりたくないこと」にカテゴライズされていることに対して

まずは

「やってみる」ということ、

一歩を踏み出してみてはどうでしょうか?

うまくいかないこと

うまくいくこと

どちらもあると思いますが、

実際にトライしてみて、行動することによって見えてくることはたくさんあります。

もしかすると

自分の中の思い込みだけで

「やりたくないこと」にしてしまっていて、

実際にやってみると

思っていたような結果や成果ではない場合もあります。

日常の中であっても

「これはやりたくないな〜」ということに

積極的にトライしてみる。

オススメです。