YouTube

頑張っても頑張っても「成果が出ない」と感じてしまうのはなぜ?

いくら頑張っても、

どれだけ努力しても、

たくさん行動しても、

どうしても自分の中では「成果が出ない、結果が出ていない」と感じてしまうことはありませんか?

自分では変化に向かっているはず

自分自身の意識としては

様々なことに取り組んで、変わっていくための行動をしているにも関わらず、

  • 思っているような成果が出ない
  • 望んだ変化に繋がらない
  • 結果が変わらない

ということはないでしょうか?

私も以前から、たくさんの本を読み、セミナーを受け、個人セッションを受けたりしながら、学びを深めていったものの

なぜか、変化している感じがしない

ということがありました。

今までやってきたことは無駄だったのか?

自分はやはり変わることができないのか?

他の人はどんどんと変わっているのに、どうして自分だけ?

というように、一人取り残されたような気持ちにもなってしまいます。

原因は自分自身の思い込み

変化へと向かうための行動をしているにも関わらず

  • 変化を実感できない
  • 変化している感じがしない
  • 本当に変わっていけるのか心配

といったことを感じているかもしれません。

そんな時に最初にして見たいのが

周りの人の印象を聞く

何年か前の自分自身と比較して変化したところ、変わっているところがないか?

家族やパートナー、親しい友人、会社の人などに聞いてみると自分では思ってもいなかったような答えが返ってくるかもしれません。

意外と人は、自分のことは見えていないものです。

また、他人のことはよく見えている。ということもあります。

客観的な視点で自分自身の変化をどのように捉えられているのかを聞いてみるというのはオススメです。

セルフイメージが固定

問題は、自分自身が自分に対して描いている「セルフイメージ」が固定してしまっていて、そこから抜け出せないという場合です。

自分に対して、

「私とはこういう人だ!こういう人生を生きている!」

というように自分の中に描き出しているセルフイメージに縛られてしまっていて、せっかくの変化を受け入れることができない。ということがあるかもしれません。

例えば、

知識、経験の上では十分に稼ぐことができる能力や技術は身についているにも関わらず

「私には稼ぐことができない!」

という強い思い込みがあれば、その思い込みが邪魔をして稼ぐことを阻止しようと自分自身が頑張っている。ということが起こってしまいます。

アクセルを踏みながら、思いっきりブレーキを踏んでいる。
しかも、自分自身は意識せずに。

ということです。

セルフイメージの書き換えが重要

もしこの辺りまで自分自身のことが分かっている、把握できているのであれば、あとはセルフイメージとして描き出している自分自身を変えていくということが必要になります。

要は「自分を承認することができるかどうか?」ということです。

自己承認とも言われますが、他の人に認めてもらうことを求めるのではなく、自分で自分自身を認めることができれば、

自分に対して変化すること
成長することに対する

許可を出すことができるので、より進みやすくなります。

もし、

頑張っても頑張っても成果が出ない。変化ができない。

と感じているのであれば、自分の中に描いているセルフイメージの書き換えを意識してみることをオススメします。