ビジネス

2018年と2019年と令和元年

2018年の変化

2018年10月以来の投稿となってしまいました。
本当に久々のブログ更新です。

書きたい書きたいと思いながら、今回の記事は1月頃に書き、
なんとなく下書きのまま、放置して4月になってしまいました。。。
自分の名前をタイトルにしたブログを昨年に始め、意気揚々と取り組んでいたのですが、本業の仕事のスタイルが大きく変わり、自分自身に使える時間の余裕が大きく失われてしまったのが要因です。
正直、2019年になって振り返ってみると、昨年の後半は自分自身に余裕の部分が無かった、失われていたなと感じています。

ブログを書く時間が無い=余裕が無い

ブログに限らずではありますが、自分自身に使える時間が無くなってしまうことで、そのまま「自分に余裕が無い」状態に陥ってしまうなということを実感しました。
仕事に打ち込み、仕事に全力を傾けるということも大切です。
しかし、それだけでは人としての余裕が無くなり、何よりも生きている悦びや楽しみが失われ、結果的には仕事のパフォーマンスにも大きな影響を与えていたのではないかと思います。
仕事の日は朝から晩まで仕事をして、帰ってきたら家の用事でクタクタになって後は寝るだけ。
休みの日はスポーツジムで身体をリフレッシュさせるのが精一杯。
2018年はそんな日々を過ごしていました。

2018年は変化の一年

既に2019年も3ヶ月が終了し、新たな元号「令和元年」が始まろうとしている、今さらではありますが、ブログに書くことで私自身の2018年を振り返ってみようかなと思います。
振り返ってみると2018年は大きく言えば「変化の年」と言えました。
私の中でいろいろなものが大きく変わり、2019年へ向けての準備段階でもあったように感じられます。

2人の親族の他界

2018年の年始は私にとってはとても近い親族が2人も亡くなりました。
体力的、年齢的な要因はあったとはいえ、やはり人の死というものは大きな影響を与えます。
今まで「当たり前」のように存在していた人が、その瞬間から存在として会うことができなくなる。
限りなく続くことは無い「生」と、いつでもすぐ近くに存在している「死」という2つの存在を感じさせられるできごとでもありました。

一人は私の祖母でした。
生まれた時から中学生くらいまでは祖父母と一緒に暮らし、社会人になって仕事を始めてからは祖父母が経営する会社に入社し、祖父の他界と共に後継者として会社経営を引き継ぎました。
それから約15年。自分が経営する会社としての認識は強く持っていたつもりでしたが、やはり創業者である祖父母の影響を強く受けていたのだなと、改めて感じました。

会社の廃業と合併

このようなタイミングの後に、とある会社から事業統合と後継者としてのオファーを受けました。
オファーを受けたときからは「これは良い話ではないか?」という認識を強く持っていましたので、いろいろな人に相談し、助けられ、サポートされながらも、事業統合へと舵を切ることを決めました。
方法としては、私が経営する会社を廃業させ、先方の会社に吸収させるという形です。
創業者の祖母が他界したことで、会社として一つの区切りがついたような印象もあり、周りの理解も得ることができましたのでスムーズに事業移行を完結することができました。

グルテンフリーを始める

事業統合を考え始めるのと同じようなタイミングで「グルテンフリー」を始めました。
きっかけは人から聞いた「小麦粉が身体に与える影響」についての話しに自分なりの納得感がありましたので、「グルテンフリーは確かに良いかも」という軽い気持ちがきっかけでしたが、今では私のライフスタイルの一部として根付いています。
グルテンフリーは簡単に言えば「小麦粉を一切食べない食生活」ということです。
小麦粉を使った様々な食品を食べないライフスタイルを継続しています。

小麦粉を使った食品とは?

どんなものを思い浮かべますか?
代表的なものとしては、パン、パスタ、ピザ、うどん、ラーメン、そば、ハンバーガー、天ぷら、コロッケ、ケーキ等の多くの洋菓子、クッキーなどなど。
皆さんの周りにも小麦粉を使った食品がたくさんあるのではないでしょうか?
多くの人は「グルテンフリーやってます」というと
「いったい何を食べるんですか?」
というくらい、小麦粉を使わない食品が思い浮かばないようです。

小麦粉を使わない食品とは?

実は世の中にはたくさんあります。
特に日本には「米」という素晴らしい食文化がありますので、米を小麦の代用として使うことで食生活をより豊かにすることが可能です。

新しい職場での仕事

事業統合をして、役員(予定)として新たな会社に入社しました。
事業統合をしたといっても小さな企業であることには変わりありません。
会社全体での従業員の数は増えましたが、いきなり100人、1,000人の規模の会社に入ったわけではありませんので、基本的には今までと変わらない仕事のスタイルです。
しかし、以前の会社で社長になって15年以上。
人に雇われるということがなかった社会人生活を送ってきましたので、急に今までとは違った新たな組織で仕事をすることには今までには無いストレスと体力的な消耗を強いられることになりました。

慣れてきたころに新たな試練と変化

このブログ記事を書いていたのが2019年1~2月頃。
2018年に起こった出来事や変化を自分なりに捉え直したいと思い、書いていました。
上記までの記事を書いてから数日後に状況は一変。
令和元年を迎える前に私自身は大きな変化を体験することとなりました。