ビジネス

お名前.comからLolipop(ロリポップ)への設定

ドメインレンタルサーバー設定

前回の記事で会社のホームページを作成する方法をご紹介しました。
年間運営費1万円以下の会社のホームページとメール設定」という記事を書きました。
月額にして800円程度の運営費でホームページとメールを使用する方法について、契約先のご紹介や実際にかかる費用等についてご紹介しています。

実際の設定方法

記事を書き終わって思ったのが
「実際に運用するには情報が不足しているのでは。。」と思い、追加で実際の設定方法の解説を書くことにしました。

ここからは、
お名前.comでドメインを取得
Lolipop(ロリポップ)でレンタルサーバーを契約

された後の設定方法についての解説です。
上記以外のドメイン取得サービスやレンタルサーバーでの契約の場合は、ご参考までにご覧になっていただければと思います。

申込手続きと支払が終わったら

ドメイン取得とレンタルサーバーの契約手続きの終了だけでは、実際の設定をすることができません。
実際の設定に入るには、お支払いまで終了しておく必要があります。
特に会社で申込をされる場合には会社のクレジットカードが無い、クレカ決済ができない会社もあるかと思います。銀行振込も利用できますが、実際の入金までに日数がかかるという会社もあるかもしれませんので、入金が終わり次第、設定手続きに入ってください。
尚、ロリポップのレンタルサーバーは「10日間の無料お試し」がありますが、継続的にホームページを運用するのであればお試し期間終了後にはお支払いが必要となりますのでご注意ください。

お名前.comの管理画面で設定

まずは、ドメイン取得を行った「お名前.com」の管理画面にログインをします。
お名前.com Navi」というのが管理画面になります。
IDとパスワードは申込時に設定したものがメールでも届いていると思いますので確認してください。

お名前.com Navi」の画面から「ドメイン設定>ネームサーバーの変更」へと移行してください。
既に申し込みが完了している「ドメイン」が表示されていますので、チェックを入れ、その下の
他のネームサーバーを利用」のタブを選択します。

これは、取得したドメインをどこのサーバーで利用するのかを設定するためのものです。

ロリポップのマニュアルではこちらに記載されています。
独自ドメインご利用時の作業内容
このページの最下部にある『ムームードメイン以外でドメインを取得された方』をご覧ください。

ムームードメイン以外でドメインを取得された方

独自ドメインを取得されたサービスにて、ネームサーバー設定を下記の情報に変更してください。

プライマリネームサーバー
uns01.lolipop.jp
セカンダリネームサーバー
uns02.lolipop.jp

上記の情報をお名前.comの管理画面に入力します。

情報を入力して、「確認画面へ進む」で設定を完了させます。
反映完了まで24~72時間程度かかる場合がございます。とは書いていますが、私の場合は数分で完了しました。
以前に設定したときは数時間かかりましたので、環境によって時間差はあるようです。

レンタルサーバー側で設定

次は受け入れ側となるレンタルサーバー「ロリポップ」の設定です。
こちらもまずはロリポップの管理画面にログインします。
申込時に設定したIDとパスワードが必要となりますので、届いているメールを確認してください。

ドメインを設定する

取得したドメインをレンタルサーバーに認識してもらうための作業です。
先ほどのお名前.comの管理画面でネームサーバーの設定をしたことによって、ロリポップに情報が送られています。
その情報の反映までに数時間かかる場合もあります。

まずは左側メニューの「独自ドメイン設定」をクリックしてドメイン設定画面を開きます。

■ステップ2 独自ドメインをロリポップに設定する

こちらのフォームに取得したドメインを入力します。
その下の公開(アップロード)フォルダは、一つのドメインだけの管理であれば入力する必要はありません。
今後も複数のドメインを取得してホームページを運営するのであれば、ドメインを表現するような分かりやすいフォルダ名をつけてもいいでしょう。

下部の「独自ドメインをチェックする」をクリックすると、お名前.comからの情報が反映されていれば、その後の画面で取得したドメインが表示されます。
表示され無いようであれば、未だ情報が反映されていない可能性がありますので、しばらく待ってから再登録してみてください。

ホームページ作成の設定

ここではWordPressを使ってホームページを作成するための初期設定のみご紹介します。
WordPress以外の方法でホームページを運営する方は読み飛ばしてください。

まずは左側メニューの
サイト作成ツール>WordPress簡単インストール を選びます。

すると先ほど登録した独自ドメインが「サイトURL」として表示されています。
その下の「WordPressの設定」でホームページの基本情報を入力します。

操作を進めていくと「インストール完了」という画面までいきます。
これは、パソコンにWordPressをインストールするのではなく、契約しているロリポップのレンタルサーバーにインストールすることになりますので、会社内であれば今後ホームページの更新を行うパソコンで操作しなくても問題はありません。

管理者ページURLをクリックするとWordPressの管理・編集画面に切り替わります。
実際にWordPressを使ってホームページを作る方法などは、書籍等も多くでていますので、参考にしてみてください。

メールアドレスの設定方法

最後にご紹介するのが独自ドメインを使ったメールアドレスの設定方法です。
こちらはホームページを作るよりも簡単です。
まずは左側メニューの「メール>メール設定」を開きます。

新たにメールアドレスを作成する場合は下記の「新規作成」をクリックしてメールアドレスの新規作成画面に移動します。

新規に作りたいメールアドレスとパスワードを設定します。
会社内で従業員ごとに従業員名で作成することもできますし、会社の代表アドレスとして作ることもできます。
私の会社では会社の代表アドレスとして「info@●●●.jp 」
書く従業員のアドレスとして「社員名 @●●●.jp 」というように作成していました。
社員が退職したときにはアドレスを削除しています。

メールソフトの設定方法

ここまではメールアドレス自体の設定方法でした。
今度は新たに作ったメールアドレスを受信する、送信するための設定をする必要があります。
設定方法はロリポップマニュアル「各種メールソフトの設定方法」をご覧ください。

小さな会社を想定した場合、メールを閲覧する方法は様々にありますが、ご自身の会社の環境にとってベストな方法を選ぶのが良いでしょう。

メールソフトでの受信

多くの会社ではWindowsパソコンを使っているのではないでしょうか?
WordやExcelといったソフトは日常的に使っておられるかもしれませんが、その中には「Outlook」というメールソフトも入っています。

Windowsを使っている会社であれば、メールソフトとして利用するのは標準的に入っているOutlookを使うのがおススメです。

メールソフトでのメリットデメリット

メールソフトでメールを受信した場合のデメリットは、メールソフトを設定している端末でしかメールを送受信できないということです。
ですので、会社の事務所にあるパソコンでしかメールを受信できない。という状況にある時に、出先で急いで確認したいメールがある。という場合には不便です。

一方メリットとしては、特定のパソコンでしか閲覧することができないので、メールを見る人をある程度限定することが可能です。
例えば、会社の代表アドレスとして設定したメールは、送受信する人を決めておく。というのも一つの方法です。

G-mailで受信する方法

事務所だけではなく、外出先でもタブレット端末、スマートフォンでもメールを確認、送受信したい。ということであれば、G-mailに取得したメールアドレスを設定する方法がおススメです。

G-mailは、メールソフトでメールを確認するのではなく、いまご覧になっているブラウザと言われるホームページを見るためのソフトや専用のアプリで受信します。
ですので、どの端末からであってもIDとパスワードが分かっていれば、メールを確認することができます。

ホームページサービスを活用して効率化

事業のIT化というほどのことではありませんが、独自ドメイン、ホームページとメールアドレスを設定することで、会社の事業をより効率的に運用することができるようになります。

最初の設定までは難しく感じるかもしれませんが、しっかりと土台が作れてしまえば、その後は運用が不安定になる、トラブルになるといったことは滅多に起こりません。

ぜひ、活用してみてください。