ライフスタイル

ゴールデンウイークは結局、執筆

合唱

皆さんはゴールデンウイーク何してましたか?
10連休をまるまる堪能できたという方もいれば、ゴールデンウイークはずっと働いていたという方も多かったかもしれません。

私はゴールデンウイーク前半は参加している合唱団の合唱の練習に行き、いかに自分が下手なのかを知らされ撃沈しながらも、なんとか少しばかりの成長を遂げられました。
私は普段、唄うということが全くなく、合唱といえば中学生の時の学校行事の合唱コンクール依頼なので、真面目に歌を歌うということが、こんなにも難しいことなのかと痛感しています。

後半はひたすら文章を書く

そして自宅に帰ってからの後半は、ほとんどが仕事の下準備に費やすことにしました。
仕事の内容は、ひたすら文章を書く。
今まで受けてきたセミナーの内容をまとめて、ワークに取り組んだり。
これからお客様宛に送る文章の内容を考えたり。
投稿しているサイトのブログ記事を書いたり。

とにかく「書く」という仕事を徹底的に続けたのが令和に入ってからの1週間という印象です。

令和で切り替わった気持ち

皆さんは、令和への改元でどんな印象をお持ちでしょうか?

私自身は、完全に気持ちが切り替わったような印象を持っています。
少し前のことですが、4月より以前のことはすごく昔のことのようで、思い出すのも白黒の映像のようにして思い出されるくらいです。

かといって、令和以降が輝きに満ちている。というような印象でもなく、非常に落ち着いていて、邪魔するものが無い。という印象でしょうか。
そのため、本当に自分が進みたい方向に向き合わされる怖さのようなものもあります。

ただ、進みたい方向、自分がやりたいこと、やってみたいことが以前よりもクリアに見えたり、感じたりするようになってきましたので、この感覚を大切にして、日々を過ごしていきたいなと思っています。