ビジネス

医療保険の選び方を考える「保険の見直し」

医療保険の選び方

17年間にわたって、保険代理店の仕事をしてきました。
一応、5月でもってその仕事を終了する予定です。
いろんな経験をさせてもらって、いろんな学びがあって、いろんな人と出会えた仕事でした。

保険の仕事をすることで、様々なタイプの方と出会うことができ、そのご家族の背景までご相談にのらせていただくような仕事でした。
ある意味ではヘビーでしたが、自分には合っていたのか、人と出会い、一緒にお話をさせていただき、喜んでもらえた時は嬉しかったものです。

医療保険の選び方

そんな私の保険経験を生かしたホームページを作れないかという思いつきから、医療保険やがん保険の選び方を解説するホームページ「保険見直し.net」というサイトを作りました。

17年間にわたって、多くの人からのほけん相談を受け、相談内容に応じた解決策を提示し、喜んでいただけたのではないかなと思っています。
保険の場合、決まり切った答えがなく、正解へはいくつものパターンがあり、結論にたどり着いたとしてもそれが必ずしも正解であるとは限らないのが保険選びだと思っています。

ですが、ある程度のパターンを知り、そして保険に関する基礎知識を身につけておくことで、ご自身の保険選びは非常に楽になります。
また、保険について「知っている」ということは、相談をする相手の保険担当者にコントロールされるような営業を受けることもなくなります。
最近では、過剰な営業スタイルというのは減ってきているとは思いますが、やはり毎日保険のことばかりを考えている人と、実際に保険を購入する(契約する)消費者には大きな温度差があるように思います。

正しい知識を身につける安心

わたしが 「保険見直し.net」を通じてお伝えしたいのは、正しい知識を身につけ、しっかりと目的意識を持って保険を選ぶことができれば、本当の安心感へと繋がっていくのではないかということです。

過度に不安になる必要はありませんし、相手となる保険会社や保険営業担当者の言いなりになる日膣用もありません。
そのためには、自分自身が自信を持って保険を選ぶことができる。それには、保険のことを最低限知っておくことが重要なのではないでしょうか。

医療保険やがん保険という商品だけに限って言えば、なにも難しいことはありません。

むしろ、今まで発売されてきた他の保険と比較すると簡単で分かりやすいくらいです。

分かりにくい原因は、
どの保険会社からも医療保険やがん保険が発売されて、非常に競合が増え、保険商品の選択肢が増えすぎていることだと思います。

自分で保険を選ぶために

どんな商品やサービスでも同じかもしれませんが、特に「金融商品」ということになると、何よりも自分で責任を持って選ぶということが重要になります。
「金融商品」という名前の通り、お金が絡む契約ゴトは、良く知っていそうな「誰か」に依存してしまいがちです。

それは、自分自身が「何となく、よく分からない」という状態にあるからだと思います。

難しく考える必要はありません。
ただ、シンプルに自分自身の不安と向き合い、その不安を解決するための手段が保険。特に医療保険やがん保険で選択肢としては最適なのかを考えるということです。

詳しくは
保険見直し.net」で。