ビジネス

mineo(マイネオ)なら毎月1,000円でポケットWiFi

mineo マイネオ

格安スマホで有名になっているmineo(マイネオ)ですが、実はポケットWiFiもかなり格安に利用することができるのです。

特にこんな方におススメ

外出先でインターネットを利用するために、ポケットWiFiルータは必要だけど
そんなに頻繁には使わない。外出先で動画を観るようなこともほとんどない。

格安スマホは音声通話とデータ通信を利用するプランですが、
ポケットWiFiルータであれば、データ通信のみを利用するプランになります。

こんな方にはおススメできない

mineoのプランがおススメできないのは、
外出先で動画も頻繁に観る。外出先ではパソコンでインターネットに接続することも多く、データ容量を気にせずにインターネットを外出先で使える環境が欲しい。

月額料金は756円~

mineo(マイネオ)のデータ通信のみのシングルタイププランの月額料金は756円~となっています。
そんなにたくさんのデータ通信を使わないという方であれば、十分満足できるサービスが利用できるのではないでしょうか?

シングルタイプの料金表

マイネオプラン
mineo(マイネオ)シングルタイププラン

マイネオにはスマホで音声通話とデータ通信を使用するための「デュアルタイプ」というプランと、音声通話は利用せずに、データ通信のみを使用するための「シングルタイプ」があります。

私が利用しているのはWiFiルータになりますので「シングルタイプ」のプランで、現在は
シングルタイプ(6GB) 月額1,706円 を利用しています。

どれくらいのデータを使うのか

こちが実際に私が使っているmineo(マイネオ)でのデータ通信量のグラフです。

コチラのグラフはmineoに契約すると、マイページという機能からいつでも確認することが可能です。スマートフォンのアプリからも確認できます。

mineoのデータ使用量

契約をしているのは「6GB」のプランなのですが、実際には前月からの繰り越しやキャンペーンボーナスのギフトチャージが付いて2019年8月は「13GB」使える状態になっていました。

8月は外出する機会も多く、普段よりも使った方かな?とは思っているのですが、それでも使い切るまでには至っていません。
この様子なら一つ下のプラン「3GB:月額972円」に切り替えた方が良いのかなと思っています。

わたしのmineoの使い方

私の場合、残念ながらスマートフォンの契約はmineoではなくて「au」を利用しています。
スマホの契約については、auの解約金が1,000円になるタイミングで切り替えたいなと考えています。
ですので、現時点でのauでのスマートフォンの契約は最もデータ通信量が少ないプランにしています。

その分、外出時にはmineoのポケットWiFiルータを持ち歩き、長時間データ通信をしそうなとき、Googleマップをナビ代わりに使う時は、mineoからインターネットを利用するように心がけています。

iPad(WiFiタイプ)と一緒に

また、以前の記事でご紹介した家電量販店で購入した「iPad(WiFiモデル)」は外出先での利用はmineoのポケットWiFiルータに接続して使います。

iPadはmineoのポケットWiFiと一緒に

au、ドコモ、ソフトバンク等で購入できるセルラー接続タイプのiPadは、いつでもネットに接続できるのが魅力ですが、その分だけ通信費用も高くなってしまいます。

私の場合、外出先でもiPadを使うことはあるのですが、実際には出張時の月に数回程度の利用です。
ですので、常時ネットに繋がらないと不便で仕方が無い。というような状況では無かったので、よりシンプルに使えるプランを考えました。

機種はHuawei(ファーウェイ)

データ通信量がそんなに多く利用する必要が無く、毎月の通信費を低価格で抑えたい。という方にはmineoのポケットWiFiはおススメのプランです。

mineoのポケットWiFiでの大きな問題は、本体の選択肢が非常に少ないことです。

現時点(2019年8月)では選べる機種は2つしかありません。

mineoのポケットWiFi(ルーター)

選択肢は「NECかHuawei」です。

この2つの価格は大きく異なります。
NECの方が、価格も高くより高性能なモデルということだと思います。公式サイトに出ている特長は「電波の弱い場所でも快適に使える技術を搭載!最大14時間通信可能な省電力ルーター! 」
ということで、地下や電波が弱いところで使うことが多そうな方にはおススメです。
電波が弱い場所で使えなくなると困る。という方はこちらのモデルが良いでしょう。

私は迷いましたが、最終的には価格な面と性能的に問題なしとみなして「Huawei(ファーウェイ)」のモデルを一括払いで購入しました。

mineoで利用しているHuaweiのポケットWiFi

日常利用には問題なし

私の個人的な感想ですが、上記のHuaweiのポケットWiFiであっても日常的に使用する分にはまったく問題なく使えています。
さすがに何日も充電しないと電池切れを起こしましたが、帰宅後に充電器に挿しっぱなしということであれば、問題なく日中は使えています。

気になっていた電波も問題は無く、今のところスムーズな通信が利用できているように思います。
ただ、一度だけiPhoneと繋がらない。というトラブルがありました。

http://kanyonei.com/2019/07/08/huawei(ファーウェイ)のポケットwi-fiとiphoneが繋がらない/

ただ、結果的には上記の記事も書いているようにiPhoneの再起動で問題は解決し、その後はスムーズにiPhoneやiPadと接続できるようになっています。

地域性は関係ない?

mineo(マイネオ)のような格安スマホを使用する際に気になるのは「地域によって使えないのではないか?」という疑問ではないでしょうか?
結論は、

日本全国どこでも使えます。

上記のHuaweiのモデルであれば契約ができるのは「Dプラン」のみとなっています。
このDプランは「NTTドコモの回線を使用するプラン」という意味です。

ご存知かもしれませんが、格安スマホや格安SIMといったサービスは独自に携帯電話やデータ通信をするための施設を持っているわけではなく、ドコモやauといった大手携帯電話会社の回線を間借りしています。

そのためDプランであれば、通信はドコモの回線を使っているということになります。

田舎なら特に問題なし

私は以前は兵庫県。
そして現在は畑が広がる神奈川県の田舎町に引っ越してきましたが、自宅周辺で利用している分にはどちらの地域でも問題なく使えています。

また、出張が多いこともあり空港や主要な駅で使うこともありますが、こちらも通常通りの通信が使えています。

他の方のブログレビューや雑誌の格安スマホ特集では、都市圏の地下街や繁華街のランチタイム等は通信速度が落ちるような表記もありました。

私の場合は、そのような場所に行く機会も滅多にないため通信の遅さを感じることがありません。

公式サイトからの申込み手順

私はmineoの店舗に行ってポケットWiFiを申し込みましたが、公式サイトからも申し込みが可能です。

店舗ではどうしても設定のための待ち時間と混み合っている時間帯は受付までの待ち時間が発生しています。
店舗ではなく、サイトからの申込の場合は店舗での待ち時間が無いのが嬉しいです。

データ通信のみのプランの申込

mineoはデータプランだけの場合は「シングルタイプ」のプランがデータ通信のみになります。

mineoの公式サイト

上記の申込みフォームから以下の手順で選択してください。
*Huawei(ファーウェイ)のポケットWiFiで申し込みの場合

  • 端末とSIMカードを購入する
  • Dプラン
  • シングルタイプ
  • SMS機能 申し込まない
  • 3GB/6GB
    (後日、プラン変更も可能です)

<次のページ>

  • ルーター HUAWEI E5577
    *こだわりが無ければこれが安い機器です。
  • アクセサリー 申し込まない
  • 支払回数 一括/分割

<次のページ>

●オプションサービス 無し

<次のページ>

●eoID 新規登録

ここで個人情報を入れればあとは、クレジットカードの登録になり、申込み完了です。

ポケットWiFiは送られてきます。

申し込み後すぐには届きませんので、すぐに使う予定のある方は日程に余裕を持って早めに申込をされるのがおススメです。

mineoプランのまとめ

ネットは使い放題が良い、無制限で気にせず使いたい!都心部でのオフィスワークも多い。
そんな方にはおススメできません。
mineo(マイネオ)のポケットWiFiはこんな方におススメ。

外出先でも安い通信費でスマホやタブレット、パソコンでインターネットがしたい。
でも、そんなに頻繁に外でネットをするわけではない。
月額の通信費は少しでも安い方が良い。