ビジネス

保険を見直すなら「保険見直しネット」

保険見直し.net

保険の見直しをお考えの方におススメしたいのが「保険見直し.net」です。

私も仕事を辞めて新しい生活を始める前に保険の見直しをしました。私の場合は、以前の仕事が保険の代理店でしたので、自分自身の知識と経験から保険の見直しを考えることができました。
しかし、多くの方は保険については「保険はよく分からないもの」という認識をされているのではないかと思います。

保険は実は難しくない。ただ、学ぶ機会と経験がないだけ。だと私は思っています。

日本人のほとんどが加入している保険

日本では保険が当たり前のように浸透しています。保険の仕事をしている人も実に多く、日本では100万人を超える人が保険に関わる仕事をしているようです。
日本人の保険加入率も高く、約90%の人が何らかの保険に入っているという統計データもあります。

多くの日本人が加入している保険ではありますが、加入の傾向は変化しています。
以前までは、死亡保障・死亡保険がメインの保険として売れていました。
自分自身が亡くなった時に、大切な家族が困らないように守ってくれる保険。として、重要な意義のある保険です。

実際、阪神大震災や東日本大震災の大規模災害時には保険があることが助かったという遺族の方も多かったかもしれません。

しかし最近では自分自身が亡くなってしまった後を心配する死亡保険から、
自分自身が生きている間にしっかりと保障が得られるがん保険や医療保険に契約の中心が移行してきました。

関心は医療保険やがん保険に

皆さんが保険を考えられるとき、以前までであれば
「自分が亡くなったとき、いくらもらえるの?」

というものが「保険」と考えておられた方が多いように思います。
ところが、ここ数年で様子はガラッと変わり、人によっては「死亡保障には入らない」というような方も増えてきました。

その代わりに関心が高まっているのが「生きている間の保障」として確保できる「医療保険やがん保険」といった、保険業界では『第3分野』と言われている保険種類です。

ご紹介している「保険見直しネット」では特に医療保険やがん保険の見直し事例や相談時のよくある質問にお答えする形で情報を掲載しています。

保険の見直しは無限∞

保険の見直しにはある一定のパターンはあるものの、人によって選択肢が大きく異なるのが保険の見直しです。

言ってみれば、決まり切った答えが無い。というものです。

例えば、同じ年齢のママ友。
Aさん、Bさんともに、同じ年齢の夫がいて、同じ年齢の子供がいる。

としても、同じ保険が最適であるとは限りません。
似たような環境にあったとしても、上記の場合であれば夫の職業が同じとは限らず、当然ながら年収も同じではないでしょう。
また、住宅ローンなのか賃貸なのか?
そして、子供の教育、将来に対する考え方。

何よりも、今後の人生をどう生きていきたいのか?人生で何を大切にしたいのか?お金に対してどのように考えているのか?

そういったことに、一定の決まった答えはありません。そのため、保険で得たい保障に対する考え方も違いますし、加入する保険も異なる可能性が高いということになります。

答えは無いが近い事例はある

保険の見直しに決定的な答えが無いため、道標を示すことができません。
しかし、似たような事例や近い事例、同じような疑問を抱えている方は多くいらっしゃいます。

実際、保険の販売をしている人間も販売経験を積み上げ、研修で事例を学ぶことで似たような事例を集め、経験し、新たなお客様の保険見直しをお手伝いしているような状況です。

あなたと同じ人生を歩む人はこの世に一人としていないでしょう。

でも、保険に対して共通する疑問や相談事を持っている人はたくさんいます。

保険見直し.netでは保険相談者からのよくある質問や相談にお答えする形で、あなた自身が持っている保険に対する疑問や質問の解決に少しでも近づくことを目的として作られています。

保険の見直しは知識を身につけることが重要

世の中には保険の見直しに応じてくれる場所、人がたくさんいます。
日本には約100万人の保険の仕事に関わる人がいると書きました。それらすべての人が現役で保険を売っているとは限りませんが、それでもかなり多くの人が保険の販売に関わる業務をしています。
保険見直しの相談をするということは、
保険見直しの結果、最適な保険があれば加入するということでもあります。

そうなると、多くの保険販売者はあなたの元に喜んで保険の売り込みに来てくれることでしょう。

そんな時に、販売者側の都合(営業成績やノルマ)ではなく、ご自身にとって本当に必要な保険、最適な保険を選ぶのは、他の誰でもなく「あなた自身」です。

保険を選ぶ際に必要なのは「選択を判断できるだけの知識」だと私は思っています。

保険見直しの相談をすることで、あらゆる選択肢が提示されることでしょう。
その中から最適な保険プランを選ぶ。
その前段階のお手伝いとして「保険見直し.net」の情報を活用してもらえればと思います。