ビジネス

変化はスモールステップで構築していくことで元の状態に戻りにくくなる

ステップ

変化したい、成長したい、より自分らしく生きていきたい。
そんな時、人は大きな変化、急激な変化、劇的な変化を望んでしまいがちです。
ですが、大切にしたいのはスモールステップでの変化です。

大きな変化よりも日々の変化

ドラマや映画、小説の中にあるようなドラマティックで劇的な変化が自分の人生にも訪れることを望んでいませんか?
もちろん、夢を大きく持つことは悪いことではなく、夢を叶えていきたいというのは素晴らしいことです。

ただ、問題は本当に劇的な変化が実現してしまったときに、本当にその現実を受け入れることができるのか?ということです。

劇的な変化は元に戻りやすい

例えば、現時点で「A地点」にいる人が、急激な変化により「B地点」に変わったとします。
A→Bへの変化はご自身が望んでいた変化にも拘わらず、急激な変化は受け入れることができないということが起こります。

元々は望んでいた変化であったにも拘わらず、場合によっては元の状態に戻りたい。という思いが強くでてくる可能性もあります。
現実的に起こってしまった急激な変化に本人の意識状態がついていけなくなるという状態が起こります。

小さな変化は受け入れやすい

一方で本人も気づかないくらいの小さな変化は、変化が起こっていること自体にも気づかない可能性があるので、変化した状態を受け入れやすいということがあります。

受け入れやすいということは、ご自身の中に定着しやすいということです。

変化というモノは、このようにして起こしていくのが私は理想なのではないかなと思っています。
小さなステップで、小さな積み重ねで変化をしていくことで、自分自身に変化を慣らしていくことができ、最終的に変化に違和感を感じにくくなるからです。

毎日できることを積み重ねる

2020年という新しい年の始まりに「何かに挑戦したい、新しい自分になりたい」というような変化を望んでいるのであれば、今日からでもスタートできる「毎日できること」を見つけてみるのがおススメです。

大したことない、簡単すぎる。ということであっても人間にとって最も難しくいのは「継続」することです。
継続で来ている人は周りの人からは尊敬に値します。
そして最終的にはその毎日の慣習が「当たり前」の感覚になっていれば、完成です。