YouTube

楽に生きることを否定しない生き方

楽に生きることを

ダメなことにしてしまって、

とにかく

  • 頑張った方がいい
  • 苦労した方がいい
  • 楽になってはいけない
  • 楽をしてはいけない
  • サボってはいけない
  • 楽しんではいけない

というように、

楽をすることに対して否定的な考えを持っていることはないでしょうか?

日本人の美徳になっている

楽をしてはいけない

苦労をした方がエライ

頑張っている人が素晴らしい

というように

楽をすることに対して否定的な考えが

日本人には固定観念として持っている人が多いのではないでしょうか?

楽をすることは?

楽をしてはいけないという価値観があるので

楽をしているのは

サボっている

ズルをしている

というように、

楽はいけないことになってしまっています。

楽をしたという欲求

楽をすることは

あまり良くないこと、

望ましくないことと思いながらも

同時に

楽をしたい

楽に生きたい

簡単な方がいい

というように

楽に生きることに対する欲求も抱えています。

どちらも存在している

楽に生きたいと

頑張って、苦労していきたい。

その両方が私たちの中にはあります。

もちろん、

どちらの方が良いとか悪いとかではなく、

どちらも存在していることを認めるという事が重要です。

その上で、

自分はどちらを選びたいのか?

どうせなら

「楽に生きたい」よね。という事であれば、

楽に生きる人生を積極的に選択して行く事が必要です。

楽を否定する自分の存在

ところが、

最初にも書いたように

日本人としての気質の一つに

楽をして生きることはダメなこと、良くないこと。

というような

楽を否定するような存在が自分の中にあります。

そうなると

いくら

「楽に生きたい」と思っていたとしても

同時に

「楽をしてはいけない」と思っている自分もいるので

結局は

なかなか前に進む事ができなかったり、

楽をするために

「苦労して、頑張る」という方向に向かったりする事があります。

楽に結果を出すを認める

自分の中の気持ちとして

「楽に結果を出しても良い」ということを

認めてあげる、承認することで

「楽に結果が出る」ということの体感の積み上げ流ことで

自分の中に作り上げてしまっている

固定観念、思い込みを書き換える事が可能です。

苦労しないと成果を得る事ができない。

というような思い込みが強いのであれば

楽にできる方法を考えてみる。

というのもオススメです。