YouTube

確実に現実を変えるための思考パターン

現実を変えるために

身に付けたい

簡単に見つける事ができる

思考パターンについて解説します。

始める前の考え方が重要

大切なのは

何かを始める、行動をする、取り組む前に

どのような考え方をするのか?

という事が重要です。

それは

「うまくいくと思ってやる」

「どうせ、うまくいかなだろうなと思ってやる」

という2つです。

どちらがいいのか?と聞かれたら

多くの人は

「うまくいくと思ってやる」になると思いますが、

では、実際にご自身が動き出している時はどうでしょうか?

「うまくいくに違いない」と思えた状態で取り組めているでしょうか?

どうせうまくいかないの罠

どうせうまくいかないと思って行動することにはいくつかのメリットがあります。

どうせうまくいかないと思ってやれば

実際に行動をしてみて、

うまくいかなかった結果が出てきた時

「やっぱりうまくいかなかった!」

と、自分自身に対する納得感が高く得られます。

言ってみれば

思った通りの現実が実現したということになります。

うまくいかない結果を望んではいないものの

「うまくいかないだろうな〜」と思いながら行動し

その結果として

「思った通り、うまくいかなかった」となれば、自分が思っていた通りということになります。

ということは、

結果に対して

自分自身が「うまくいかないようにする」パワーやコントロールが働きやすくなる。という傾向があります。

本当は成功したいのに

当たり前かもしれませんが

何かにトライする、始める、行動するにあたって

その結果が

「うまくいかない=失敗」に終わるというのは望んでいる結果ははないでしょう。

ところが、自分の気持ちが成功することを止めてしまっている可能性があるということです。

極端に言えば

外的要因としては成功する要素は十分にあるのに

どうして成功できない、うまく実現する事ができない。

という事があるかもしれません。

その場合の要因は

自分の心理的な要因として

「自分自身がうまくいくことを止めてしまっている」という可能性が高いです。

「うまくいかない」と思うメリット

どうせうまくいかないどうなと思って行動する

そこには大きなメリットがあります。

失敗した時、うまくいかなかった時に

自分に失望しなくていい。

失敗したと思わなくていい。

というメリットがあります。

「どうせうまくいかないよね〜」

と思いながら行動する。

そして、

実際に結果や成果が出た時には

思っていたような結果ではなかった。

となると

「やっぱり、うまくいかなかった。思った通り」

というように、失敗したとしても自分自身を否定する事がありません。

むしろ

うまくいかないと予想しながら行動、実行して

自分が思った通り「うまくいかなかった」のであれば

予想が当たって、自分を肯定することにもなります。

本当はどうしたいのか?

ここで重要なのは

自分が本当はどうしたいのか?

今回の話の流れでいけば

「本当はうまくいきたい、成功したい」と思って

いろんなことにチャレンジしたり、取り組んだりしていることでしょう。

ところが、

自分自身の思考が

「本当にうまくいかない結果を作り出している」のであれば

まずは

自分自身の思考の部分を変えていく事が重要です。

「うまくいくに違いない」まで考える

なんとなく

「うまくいくかな〜、自信ないけど何となるかな〜」

といったレベル感ではなく

「うまくいくに違いない」というように

自分自身が思えるまで考えてから行動するという事です。

これをやったら

「うまくいくに違いない」と思えた時点で

実際に行動する、取り組んでみる。

その結果、、、

結果を検証できる

自分自身が望むような結果を得られなかった。

としても、

自分自身が「うまくいくに違いない」と思えるところまで考え、

そして行動に移した

けれども、

思ったような結果を得る事ができなかった。となれば、

その時点で

「なぜ、どうして、うまくいかなかったのか?」と

原因を考える事ができます。

この

「なぜ」を考える事が重要で

「なぜ」を考え、結果を検証する事が

次の成功へと繋がっていく事ができるからです。

まずは思考を変えてみよう

普段の生活や

仕事に取り組んでいる時

自分から何かを始めようという時に

「どうせうまくいかないだろうけど」

というような考え方に少し修正を加えてみましょう。

シンプルに

「うまくいくに違いない」と思えるかどうか?

これによって

得られる結果に大きな差が出てくることでしょう。