エイジレス

stand.fmで音声メディアの配信を始めました

ラジオ

ラジオをスタートです。

そして、

ラジオ配信「楽しい」です。

タイトルは

エイジレスradio

*始めたばかりなので、タイトルは変更するかもしれません。

使っているのは stand.fm

私が使っている音声配信のプラットフォームは「stand.fm」です。

スマートフォンのアプリがメインとなりますが、

ブラウザ(パソコン)やアプリを入れていないスマホでも聞くことが可能です。

収録や編集、お気に入り番組のフォローといった機能についてはアプリを入れて登録をする必要がありますが、

これも基本的にはTwitterのアカウントがあれば連携して登録ができます。

Twitterのアカウントが無い場合や連係させたく無い場合はメールアドレスとパスワードの設定で登録が可能。

名前、その他の個人情報の入力は一切不要で使い始めることができるので、手軽さという点ではスタートしやすいです。

配信している番組はこちら

私が始めた「エイジレスradio」では、現在このような番組を配信しています。

一応、テーマをブログに合わせて「エイジレス」にしましたので、エイジレスをサポートするような内容にしていきたいなと思っています。

音声メディアの将来性

stand.fmで始めた音声コンテンツの配信ですが、

気になるのは「音声メディアの将来性」ではないでしょうか?

今や情報発信の中心地は「YouTube」と言っても過言ではないほどに動画による情報発信は市場規模も含めて非常に大きくなっています。

また、ビジネスをするのであれば動画(YouTube)をしないとお話にならない。

そんなことを言っている方もいらっしゃいます。

では、音声配信のコンテンツはどうなのか?

参考までに私が普段からフォローしている「マナブ@バンコク (@manabubannai)」さんのツイートをご紹介します。

まさに

まだまだこれからの市場。

もちろん、将来どうなるかは誰にもわかりませんし、

あれこれと「音声市場がどうなるのか?」と考えることもあまり意味がありません。

可能性をみることは重要ですが、

将来的にどうなるのかはまた別の問題。

自分自身が伸びるな。と感じるので今回の参入を決めました。

実際にやってみると

stand.fmでの配信を実際に配信をする側として始めてみるといろいろな発見があります。

これは

実際に行動してみないとわからないことだなと思います。

YouTubeよりはハードルが低い

個人的な感想ですが、

音声メディアの配信はYouTubeでの配信に比べると非常に簡単に感じます。

簡単さという点で考えると

  1. SNS(Twitter、インスタ)
  2. ブログ
  3. 音声配信
  4. YouTube

というような印象になります。

私の場合はYouTubeも継続的に公開しているので、

YouTubeでの発信に比べると音声メディアでの発信は非常に楽に感じてしまいます。

余裕が生まれやすい

YouTubeに比べると楽に配信ができるので

同じ情報発信でも気持ちの面ではゆとり、余裕ができるので

より深い情報発信について考えることができたり

また、他の発信者の研究がしやすかったりと

余裕の部分が生まれやすいです。

この「余裕」が生まれた部分を使って

さらなる展開を考えたり、次へのステップアップを構想していきたいと考えています。

やってみないとわからない

なんでもそうかもしれませんが

音声メディアの情報発信も実際にやってみないとわからないことだらけです。

実際にやってみること、行動することでわかることもたくさんあります。

今回、ご紹介したstand.fmに関しては参入のハードルも非常に低く、誰でに始められます。

誰でも簡単に始められるということは

将来的に盛り上がってきた時にはすぐに飽和状態になってしまう可能性もあります。

もし、

音声配信が魅力的だなと感じたら

スマホと一緒にすぐに始めてみることをオススメします。