YouTube

ビジネス系Youtuberの有料への移行

数万人規模でチャンネル登録者数を保持しているビジネス系と言われるYouTuberは最近「有料(メンバー)チャンネル」の開設に移行し始めています。

流れとしては

  1. YouTube以外でビジネスを確立
  2. YouTubeでセミナーのような発信を継続
  3. チャンネル登録者数が一定レベルまで到達(数万人)
  4. メンバーシップを開始
  5. 有料コンテンツの配信

メンバーシップの方法は人によって様々で、それぞれのビジネスに対する考え方の違いも見えてきて面白いところです。

継続が信用を生み出す

どのビジネス系YouTuberもしっかりと動画配信を継続されていて、その一つ一つに対してネタの質が高いことが印象的です。

毎回、質の高い動画を配信されることによって、自分のビジネスを

  • 今よりもうまくいかせたい
  • もっと稼ぎたい
  • 質を高めたい
  • フォロワーを増やしたい
  • お客様を増やしたい
  • 売り上げを増やしたい

そういった、ビジネスに対する欲求をうまく満たしてくれるような動画が無料で継続的に配信されています。

視聴者の心情としては自然に

チャンネル登録をしたくなる。

という動きになります。

チャンネル登録をして継続的に視聴する習慣がつけば、さらに配信者(YouTuber)が提供する情報を知りたい。もっと学びたい。と思うのは当然の成り行きです。

継続的な動画配信は配信者に対する信頼が生まれ、欲求は高まり続けます。

ところが、YouTubeという場では深い情報、深掘りした情報は再生数が落ちる。ということをビジネス系YouTuberの方たちは揃って言われているように思います。

再生回数が伸びるのは浅い情報

YouTubeという場においては、いろいろな人が動画を視聴しています。

チャンネル登録をして、毎回の動画が更新されるたびに欠かさずに視聴をする人もいれば、

偶然、関連動画で見つけて興味を持って視聴してくれる人もいます。

「ビジネス」というテーマで言えば、視聴者のビジネスレベルも様々でしょう。

  • 学生さん
  • これからビジネスを始める人
  • 専業の主婦、主夫
  • サラリーマン
  • アルバイト
  • 既にビジネスをしていて伸び悩んでいる人
  • ビジネスの規模をさらに広げていきたい人
  • コロナでビジネスが行き詰まっている人

状況や悩みは本当に人それぞれですが、多くの視聴者の興味を惹くのは初心者向けの浅い情報、わかりやすい情報だと言われています。

マニアックで、専門的な情報を知りたいという人もいますが、全体のボリュームとしてみたときには少数派になってしまいます。

そのため、YouTubeでチャンネル登録者数を増やし、再生回数を伸ばし、結果的に広告収入をより多くもらうのが目的であれば

「より多くの人に再生されやすい動画」が最適ということになります。

広告収入を目的とした「より多くの人に再生される」動画公開ではやはり「エンタメ系YouTuber」さん達に強みがあり、YouTube全体の視聴者を惹きつけているとも言えそうです。

より深い情報は難しい

ビジネス系YouTuberでメンバーシップに移行されている方は

私の知っている限りでは「YouTubeの無料公開動画では、深い情報の提供は難しい」と言われています。

難しいポイントは「再生数が伸びない、最後までみられない」ということです。

◆新規のチャンネル登録者数を伸ばし、再生回数を伸ばすには「初心者向けのわかりやすい内容」

◆既にチャンネル登録をしているヘビーユーザーは「より深い情報を望み始めている」

1つのチャンネルの中に「2つの欲求」が存在している。

そこで「有料メンバーシップが登場」ということです。

以前、YouTubeにはこの「メンバーシップ(有料)」のシステムがなかったので、チャンネル登録者数224万人(2020年9月時点)を抱えるメンタリスト DaiGo さんはYouTubeで動画公開をして、その続き、より深い情報は「ニコニコ動画へ」という流れを作り、ニコニコ動画の有料会員への誘導をされていました。

今まではこの方法がベストなのか?と思われていましたが、2020年は一気にYouTubeのメンバー登録がスタンダードになっています。

メンバーシップを利用することによって、ユーザーにより深い情報を届けやすくなり、チャンネル登録者の満足度も上がり、YouTubeでの収益も上がるという新たな仕組みが構築されました。

有料会員が9000人突破のチャンネル

ビジネス系YouTuberさんが有料のメンバーシップを解説されている中で異彩を放っているのがキングコングの西野さんです。

ご存知の方も多いとは思いますが、

キングコングの西野さんはエンタメ系の動画配信ではありません。

普段公開されているのは動画ですらなく、

音声です。

voicyという音声配信サービスで提供されている音声をそのままYouTubeで流すという方法を取られています。

上記の動画では西野さんの有料会員が9,000人を超えた(2020年9月時点)という内容のことをお話しされています。

上記の動画を見る(実際には聞く)とわかるのですが、西野さん自身はYouTubeに自分の労力を一切かけないということを実践されています。

その立ち位置を維持しながらも有料会員9,000人突破というのは本当に凄いことです。

そしてこちらが有料配信される「メンバー限定配信(スナック西野)」の無料配信部分。予告編みたいな感じです。

コンセプトは親しい友人と飲んでいる。

その様子を撮影して公開しているだけ。

なのでYouTubeのために「頑張る!」とかではない。という立ち位置です。

動画を見ると思うのは

「続きを見たい!」という気持ちが出てくること。

その辺りの作り、演出は流石に上手だなと感心してしまいます。

YouTubeは何を目的にするのか?

ビジネス系をテーマとしてYouTubeで配信をするのであれば、考えなければならないのは

「YouTube発信の目的は何か?」ということです。

可能性はまだまだあるものの

ビジネス系のYouTouberになるというのは非常に厳しい環境になってきています。

理由は、既にマーケットが固まってしまっているからです。

もちろん、今までになかったような新たな価値を提供して注目を浴びることも可能だとは思います。

しかし現状としてはビジネスのスタンダードな部分

 →視聴者が最も多いテーマ

この部分は既に抑えられてしまっているような印象があります。

ビジネス系のYouTuberになるというのは、チャンネル登録者数を増やし、再生回数を伸ばし、広告収入を上げる。

というのが目的です。

目的としてはエンタメ系のYouTuberと同じになります。

一方で、別の考え方として

自分の商品、サービスを売るためにYouTubeを活用する。

という方法もあります。

商品、サービスを売るためにYouTube活用

YouTube配信の目的を再生回数に応じた広告収入ではなくて、

YouTube動画を見てくれた人が

自分が提供している商品やサービスを知ってもらい、理解してもらい、買ってもらうためのマーケティングツールとして利用する。

という方法です。

こちらがYouTube動画配信の目的であれば「再生回数」は目的ではありません。

再生された動画を「しっかりと見てもらえているか?」というのが目的になります。

さらに動画を見た人が次のアクションを起こすような下準備ができているかどか?ということも重要です。

動画を見た人が

「この人から買いたい!このサービスを使ってみたい」と思ったときに

  • 問い合わせ先がない
  • 価格がわからない
  • 次にどうすればいいかわからない

といったような状況だと、

せっかく動画をみて共感して「買いたい」と思ってくれたお客様は、また別の動画へと流れていってしまいます。

動画を使うことで

今までは文字や画像だけでしか伝わらなかった情報も

目と耳を使ってもらうことによって

より相手の感情に訴えやすかったり、共感を得やすくなることもあります。

もしかすると

ビジネスをするなら「YouTubeは必須のツール」という時代に入っているのかもしれません。

今からでも遅くないYouTube

YouTubeで動画配信を始めるのは「もう遅い?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

実際には遅い事はありません。

確かに初期の「ブルーオーシャン」と言われる時期はすぎているかもしれません。

しかしビジネスのためにYouTubeを使うのであれば、目的を明確に持って始める事で確実に成果に近づくツールです。

多くの事例が既にYouTubeには公開されています。

ハウツー、考え方、成果報告など

様々な情報を簡単に手に入れることができるので参考書は既にできあがっています。

ネットで集客をしたいのであれば

今後ますますYouTubeを使ったマーケティングは有用になってくるのではないでしょうか。