できない自分が好きになってしまっていないか?

自分らしく生きる学校 ヨネイカン

できない自分が好きになってしまっていないか?

インナーチャイルド

できない自分

という言葉を聞くとどんな感じがしますか?

私はすごく反応してしまいます。

「できない自分」ってすごい抵抗はあるけど

どっぷり浸っているような感じもするなぁ〜と。

「できない自分」でいる方が「心地良い」ってことはないですか?

できない自分が好き

「できない自分」でいる方が心地良いってことありませんか?

でも

実際に「あなたはできない」って言われると傷つき

そして、認めたくない気持ちが強く出てきます。

「できない」って言わないで欲しい。と。

人から

「できない人」って言われるのは嫌です。

心が傷つくこともあります。

しかし、

自分自身に対してはどうでしょうか?

「できない自分」を認めてしまっている。ということはないでしょうか?

もしくは、

「できない自分でいる方が心地良い」って思っていないでしょうか?

「できない」方が、かまってもらえる

できない自分でいる方が心地良い。

その原因はインナーチャイルドにあることが多いです。

インナーチャイルドというのはあなたの幼少期にできた心の傷のようなもの。「トラウマ」とも言われます。

インナーチャイルドは幼少期の頃に徐々に出来上がり、大人になっても大きな影響を与えてきます。

今回のケースで言うと

「できない」でいた方が親にかまってもらえた。親に気にしてもらえた。と言うことはないですか?

何かを初めて達成できた時。親は喜んでくれるものです。

「よくできたね〜。すごいね〜。」

では、その状態が続くとどうでしょうか?

褒めるというよりも

できて当たり前。

できなくてどうするの?

どうしてできないの?

前まではできていたのに。

というように、「できる」ことがスタンダードになってしまうと、今度はできていないことに対して親の意識が向き始めます。

こうなってくると子供としては

既にできていることをどんどんと伸ばしていくというよりも、

できていないことを頑張って、クリアして、乗り越えて、成果を出す方が

親に認めてもらいやすい。というように思ってしまいます。

結果的には

「できない」自分でいた方が、親の関心を集めることができ、親に対して自分の存在価値をアピールしやすくなる。という効果があります。

「できない」自分の方が価値がある

こうなってくると

「できる自分」でいることよりも

「できない自分」でいた方が価値がある。

という思い込みが自分の中で形成されていきます。

できな自分の方が

  • 周りの人とうまくやれる
  • 調和できる
  • かまってもらえる
  • 相手にしてもらえる
  • 気にしてもらえる
  • 人から気に入られる
  • 物事がスムーズに運ぶ

といったように、メリットが大きくなってくると

どんどんと「できない自分」でいることを許容し始め、固定化されていくということです。

本当に「できない自分」でいたいのか?

ここから大切なのが

本当に「できない自分」でいることを自分自身が望んでいるのか?

ということです。

いろんなことができるようになりたいし、

できたときの嬉しさは格別で、

達成できた時の自分も好き。

そんな思いもある中で

「できる自分」をどれくらい認めることができるのか?

ということと同時に

本当にできない自分で居続けることを望んでいるのか?

ということを考えないといけません?

多くの人は

できないよりは

できる自分でいる方がいい。

と思っていることでしょう。

しかし、

幼少期から心の奥底で育てられた思い込み、観念によって

ちょっとでも「できる自分」が出てきたときには

その存在を抑え込み、認めないようにしているかもしれません。

まずは認めること

大切なのは

自分自身の存在をちゃんと認めてあげることでしょう。

「できない自分」も

「できている自分」も全部含めて自分なんだ。

そんな中で、

既に「できている自分、できる自分」も存在していることを容認し、日常の中で大切に扱ってあげることで、

今まで無視をしたり、関心を持たなかった「自分」に対して意識が向き始めることでしょう。

自分を大切にし、自分の価値を認めていくことができれば

きっと、「自分らしく生きる」にも大きく近づくことでしょう。