ウィズコロナ時代を生き抜く方法を医師に聞いてきました

自分らしく生きる学校 ヨネイカン

ウィズコロナ時代を生き抜く方法を医師に聞いてきました

ウィズコロナ

いつも私の個人セッション開催の場所としてお世話になっているヘテロクリニックの院長が新刊をリリースされましたので、著者インタビューをさせていただきました。

動画の中で、先生はちょっと緊張されている?感じもしますが、とても楽しい先生です。

興味のある方はぜひ、ご覧になってください。

そしてぜひ、本を手に取って読んでみてください。

免疫力を高める

動画の中でご紹介している新刊はこちら。

クスリに頼らない 免疫力向上計画 〜90歳まで病気知らず! 元気の秘密はわがまま生活

自分の身は自分で守る

新型コロナウィルス以降は、今まで以上に「自分の身は自分で守る」ということが重要になってきています。

2020年からのコロナ禍で私たちが経験したのは気軽に病院に行けなくなったということです。

今までは健康保険を使って、調子が悪くなったらとりあえず病院に行っておけば何とかしてもらえる。という対応が難しくなりました。感染が拡大している地域ではさらに病院には行きにくくなっていることでしょう。

どうしても病院に行かないと治療できない病気やケガはもちろんありますが、

これまでのように「とりあえず」ということで行けなくなったのが病院です。

行けなくなったからどうするのか?

病気にならない、病気になりにくい身体、心の状態を自分自身で維持、管理することが求められているということでしょう。

絶対に病気にならない、ケガをしないということは難しいですが、日常的に免疫力を高める意識と行動を持つことによってある程度は防ぐことができるかもしれません。

身を守るためにできること

今、世間ではワクチンの供給が急がれています。

しかし、新たに変異株が見つかるなど、ワクチンだけで全てに対応できるということはないでしょう。

ワクチン接種は新型コロナウィルスに対する、一つの方法として有効かもしれませんが絶対的な存在ではないということです。

これはインフルエンザワクチンを経験している私たちはよく知っていることです。

同様に、

ワクチン接種だけではなく、

私たちが、私たち自身の身を守るための方法としてできることはたくさんある。

免疫力を高めるためにどんなことをすればいいのか?

その具体的な方法が書かれている本です。

免疫力を高めるための方法は

今日実行して、今日から効果が出る。というものではありません。

毎日の継続を積み上げることによって、免疫力を高めていく。

これは「自分らしく生きる」ということにも非常に似ているなと感じました。