とりあえずやってみる、行動することで現実を変える

自分らしく生きる学校 ヨネイカン

とりあえずやってみる、行動することで現実を変える

インナーチャイルド

6月に入りました。

いかがお過ごしでしょうか。

6月はちょうど区切りのいい季節でもあり

春から夏への切り替わり

そして、1年の前半が終わり後半へと向かう時期です。

そんな6月に意識することで今後を大きく変えることをお伝えします。

それが「行動」です。

行動することから始める

「行動」することの大切さは誰もがわかっていることでしょう。

でも、

実際にはなかなかうまくいかない。

動き出せないことってないでしょうか?

例えば、この半年を振り返ってみたときに

「思ってはいたけど、実際にできなかったな」ということがあれば

この機会に行動に移してみましょう。

ポイントは「とりあえず」です。

考えることは後にして

行動をする前って

いろんなことを考えてしまいます。

うまくいくかな〜

失敗したらどうしよう〜

絶対、無理だよ〜

できっこないよね〜

うまくいきすぎたらどうしよう〜

といったように、

いろんなことを考えてしまって、

考えて

考えて

考える時間、日数が長すぎて

結局、何もしなかった。ということはないでしょうか?

今回、

自分の中で決めてみませんか?

「とりあえずやってみよう」

とりあえずから始める

いろいろと思うところ、考えるところはあるけれど、

考える時間は最小限、もしくは「無し」にして

とにかく行動すること。そして「やってみてから考える」ということです。

もちろん、

「無理に」ということではありませんが、

できる範囲で積極的に動き始めてみるというイメージです。

行動すことで何かが動く

あなたが最初の一歩を踏み出すことによって

きっと何かが動き始めます。

それは目に見えるような結果や望むような現実ではないかもしれません。

そうでなかったとしても

自分自身が見えていないところで何かが動いている、変わり始めている。

その信頼を自分自身が持ちながら動き始めることです。

今まで

やってみたけどうまくいかなかった、失敗した、痛い思いをした。

そんなこともたくさんあったかもしれません。

でも、次は違う。

と挑戦することで、成長の一歩が始まります。

もし、

何か感じるところがあれば

今できる一歩から動き出してみてはどうでしょうか。