ビジネス

楽天モバイルの「300万人無料」まとめ。申し込んだ方がいい?iPhoneは使える?

楽天モバイル

楽天市場が新たに投入する注目の新サービスとして 2020年3月3日に新サービスリリースの発表が行われました。

楽天モバイルは、docomo、au、ソフトバンクと並ぶ新たな携帯キャリアサービスとして登場します。

昨日(3月3日)の発表直後から深夜までは先着300万人が無料になるということで楽天モバイルのホームページに繋がらない状態が続いていましたが翌日の深夜くらいからは通常通り繋がるようになり通常の申込みが簡単にできるようになっています。

楽天モバイル
楽天モバイル

興味がある方は早目にチェックして、申し込みをするのがおススメです。
最終的な事務手続きをしなければ事務手数料の費用もかからないということですので、まずは申込をしてみるというのもおススメです。

今回は動画でも「楽天モバイルの新サービス300万人無料をわかりやすく解説 iPhoneは使える?」をまとめていますので参考にしてみてください。

楽天モバイル

なにが1年間無料なの?

無料になるのは毎月の利用料金「2,980円」です。
通話料は別途必要となりますが楽天モバイルが提供するアプリ 「楽天LINK」 を使って通話すれば通話料は無料になります。

さらにポイント還元もあります。

  1. オンライン契約で3,000ポイント
  2. 事務手数料3,300円分のポイント還元

月額利用料が無料で1年間使えて、さらに6,300円分のポイントが受け取れる。
これだけをみると楽天モバイルに申し込みをしないと損!!と思われるかもしれません。

しかし、注意書きなどをしっかりみていくと、今回のプランが合う方と合わない方がいると思いますのでご紹介します。

月額利用のプラン内容

毎月の利用料金は2,980円です。

アプリを使えば、通話料は無料。
さらにデータ通信は無制限。
他社のプランと比べてもかなり安いのが分かります。

ただし、この2点には注意が必要です。

通話料が無料になるのは楽天モバイルが指定するアプリを使った場合のみ。
スマートフォンで通話をする際には必ず指定のアプリを使って通話をする必要があります。

私も以前、別のサービスでアプリを使って通話をすれば料金が無料になるものを使っていたのですが、当時は正直、面倒でした。

というのも、着信はスマートフォンで通常使われている「電話機能」の方に着信し折り返しの電話をかける時は着信履歴からではなく別のアプリから電話をしないといけない。

という2度手間があり面倒に感じました。

ただ、最近では電話をかけることがほとんどない。
電話をするとしても、LINEやメッセンジャーのようなSNS関連のアプリを使う

という方は次のデータ通信無制限の方の注意点をご確認下さい。

データ通信無制限の中にある制限

データ通信無制限のプランですので
動画は見放題、SNSも使い放題ということにはなりますが、注意点がありますので確認が必要です。

それは楽天モバイルの基地局に接続時に限る。

ということです。将来的には大きく変わるとは思いますが、楽天モバイルのサービスはこれから始まるところですので自社の基地局がまだ整備されていません。

まずは東京・大阪・名古屋の3大都市で通信エリアが整備され、それ以外の地域は期限付きでau回線を利用することによって全国展開を実現しています。

そのため、東京・大阪・名古屋の3大都市以外ではau回線に繋がります。
その場合は「2GB」までという制限が入ります。

2GBを超えた場合、au回線の容量は500円で1GBを追加できます。

3大都市以外で「無制限だ!!」と思い込んで使っていると思いがけず想定外の費用の請求が入るかもしれませんので注意が必要です。

また、3大都市の楽天モバイルの基地局に繋がっている場合にだけ通信をするということはできないそうです。

iPhoneは使える?

日本でもユーザー数が多く、ファンも多いのがiPhone。
iPhoneが楽天モバイルで使えるのかどうか?気になる方も多いとは思います。

今回の発表、そして公開されているホームページではiPhoneは対象の機種には入っていません。

そのため、公式な見解ではiPhoneは楽天モバイルでは現在の使えないということになります。また、楽天モバイルの正式なサポートも受けることができません。

そして、仮にiPhoneを楽天モバイルのサービスで使ったとしても、通話料金が無料となる楽天モバイルのアプリ「楽天LINK」がiOSに非対応となっていますので、通話無料となる通話定額を利用することはできません。

ですので、楽天モバイルではiPhoneは使えないという認識となり、どうしてもiPhoneを使いたいという方には不向きなサービスとなります。

楽天回線対応機種のみ

先ほどのiPhoneが使えないという状況と共に、他にも使うことができない機種が多数あります。
現時点で楽天モバイルの新しいサービスに対応しているスマートフォンはホームページで公開されているのは「11機種」です。

楽天モバイル対応機種

楽天モバイルのサービスを利用するにはこれらの機種を準備する必要があり、無ければ当然ながら新規で購入しなければなりません。

機種代金は2万円代~12万円代までとなっていますが、

手元に対応機種が無いということであれば新規でスマートフォンを購入しなければなりません。

新規電話番号のみの申込受付

そして最後にもっとも注意したいのが
「新規電話番号のみの申込」であることです。

現在使っている携帯電話番号の移行「MNP」のようなサービスは利用できません。

新たに電話番号が発行される新規の申込のみが今回の無料提供サービスの対象となっています。

いま持っている携帯電話の番号、いま持っているスマートフォンでそのまま楽天モバイルのサービスに移行したいと思っても、

携帯電話番号は必ず変わりますし
既に持っているスマートフォンは対応していないケースがあります。

【まとめ】番号もスマホを新規購入

今回の楽天モバイルの新規サービス
そして
1年間300万人限定で無料提供されるサービスをまとめると

  • 新しい携帯電話番号になっても大丈夫!
  • 新しくスマートフォンを買いたい
  • iPhoneでなくてもOK!
  • 東京・大阪・名古屋に滞在することが多い

といった、条件を満たしている方におススメです。
最後の東京・大阪・名古屋に関しては日常的にデータ通信はあまり使わないということであれば2GBまでという条件はありますが、無料で使えるのでおススメです。

まだまだ申し込み可能な300万人無料提供を発表された翌日の現時点(3月4日)でも楽天モバイルの事前申込への登録は可能です。

最終的な事務手続きが終了しない限りは手数料等も発生しないということですので取り敢えずは説明を読んでみて申し込みをしてみるというのもおススメです。