YouTube

今さら聞けない「格安スマホってどうなの?」にお答えします

格安スマホ

結論。

格安スマホ。

いいです。
おススメします。

毎月の固定費を下げたいなら、格安スマホへの乗り換えをおススメしたいです。

mineo月額利用料1,310円~

下記は格安スマホの中でも人気の高い「mineo」(マイネオ)というサービスの料金表です。

マイネオ mineo
mineo料金プラン

最も安いプランは「Aプラン 500MB 月額1,310円」ということになります。

mineo公式サイト

ジェイコム月額利用料980円~

ケーブルテレビのジェイコムを自宅で利用されている方は広告を見られたこともあるかもしれません。
ジェイコムの格安スマホのサービスは月額利用料980円~とさらに安く、端末によっては実質端末代「0円」で提供されているものもあります。

毎月の固定費を抑えたいならスマホから見直す

いま、世の中には不安要素がたくさん出てきています。
特に経済的な先行きは見通せない状況が今後も続くことでしょう。

  • 日経平均株価、ダウ平均株価の日々続く下落
  • 急激な円高の進行
  • イベントの中止、人の出入りの制限
  • 売上の減少
  • 人員の削減
  • 給与の減少

今後、どのような事態になっていくのかは誰にも分かりません。

しかし、ただただ将来に対してよく分からないからと「不安」になるのではなく、いま目の前にあるできることにキッチリと手を付けていくというのも一つのリスクヘッジです。

その一つとして固定費の削減を早急に進めておくことをおススメしたいです。

家計でも企業でも様々な経費の削減が今後、迫られることになるかもしれません。
そんな中で簡単に手を付けることができ、さらに質を落とすこともないのがスマートフォンの通信料金の見直しです。

大手3社から格安スマホへ

現在、「au、docomo、ソフトバンク」の三大キャリアと言われる大手の携帯電話会社でスマートフォンを契約されていて、毎月の利用料が1万円を超えているということであれば格安スマホへの切り替えとスマートフォンの使い方を見直すことをおススメします。

また、最初にご紹介したように格安スマホであれば最低の月額料金は1,000円代から利用が可能です。
現在の利用料よりも安くなる余地があるのであれば、格安スマホへの乗り換えを検討してみてはどうでしょうか?

格安スマホは本当に大丈夫?

「格安スマホ」という名称だけ聞くと、

  • 安くて質が悪い?
  • なんかカッコ悪い?
  • 繋がりにくいのでは?
  • なんとなく不安

といったイメージを持っておられるかもしれません。
確かに「格安」という言葉だけでは、あまり良いイメージを持たれることは無いのも確かです。

ですが、この機会に本当の「格安」の意味を知り、
さらに毎月の固定費を抑えて、将来に対してのリスクヘッジの一つとなればと思います。

なぜ格安スマホというのか?

ここからは簡単に格安スマホの仕組み、なぜ格安なのか?を解説していきましょう。

  • 基地局などの通信設備を大手通信キャリアから借りることで設備投資を減らす
  • テレビCMなどの広告宣伝にあまり費用をかけない

au、ソフトバンク、docomoは自社で基地局といわれる通信設備を持っています。

auのユーザーはauの基地局に繋がって、auの通信を使ってスマートフォンを利用します。

格安スマホはau、ソフトバンク、docomoのいずれかの会社の回線を借りて通信をするので、自社で設備投資をする必要がないので安くなっているのです。

安いと質が悪い?

安いスマートフォンと聞くと、品質が悪くなるようなイメージを持たれるかもしれません。
しかし実際にはそんなことはほとんどありません。

①利用するスマートフォンは大手と同じ

月額利用料にはスマートフォンの料金は含まれていません。
本体価格が高いスマートフォンもあれば、安いスマートフォンもあります。
これは、大手の携帯電話会社でスマートフォンを選ぶときと同じです。
格安スマホだから、スマートフォンの質が悪い。ということはありません。

②通信品質も変わらない

スマートフォンでの通話やデータ通信(インターネット)は大手の携帯電話会社の回線を使って行います。
ですので、格安スマホだから通信の品質が落ちるということはありません。

例えば、田舎や離島等の通信が繋がりにくいと思われる地域であっても同じです。

ヘビーユーザーには向いていない

  • 常にスマートフォンを使い続ける
  • 毎月の通信量が無制限に近いくらい使いたい

このようなタイプの方には格安スマホは向いていません。

実際、このような方はこの記事に関心を持たれないと思いますし、スマートフォンの料金やプランについては詳しく知っておられると思います。

たまにスマホを使う人は格安スマホ

  • スマートフォンが便利
  • スマホに切り替えた方が良い
  • みんなスマホにしているから
  • LINEをしたいから
  • なんとなくスマホが良さそうだから

様々な理由でスマートフォンに切り替えられたものの、実はスマホは外ではあまり使っていなくて。

そんな方には格安スマホへの切替はおススメしたいプランです。

データ通信量が少ない人向け

最初の図でご紹介しているプランの「500MB」というデータ通信量のことです。
毎月利用するデータ通信量が少ないほどに利用料金が下がるプランになっています。

もし、スマートフォンは持っているものの、普段はあまり使うことが無い。
電話をするのにたまに使うくらい。

ということであれば、格安スマホへ切り替えた方が毎月の固定費は安くできる可能性が高くなります。

スマホはあまり使わない
スマホはあまり使わない

毎月の固定費が安くなる可能性大

将来に対する不安、収入や売上に対する不安があるのであれば、毎月の固定費をしっかりと見直し、必要のない支出をなるべる抑えることが重要です。

そのためにはスマートフォンの利用料金に対して正しい知識と理解を深め、必要のない費用は支払わない。固定費を抑えることが可能になります。

例えば最初にご紹介した格安スマホの mineoを使っている人の85%以上の方は、3,000円/月未満で利用しています。

ご自身の現在の携帯電話会社へと支払っている料金と比較するとどうでしょうか?

もし大幅に安くなると思うのであれば格安スマホへの切り替えを検討してみませんか?

検討ポイント①データ通信量

格安スマホへの切り替えのポイントの一つは「データ通信量」です。

現在使っておられる携帯電話会社に連絡をして、ご自身の毎月のデータ通信量を教えてもらいましょう。
お店に行って聞くことも可能です。

通信量というのはスマートフォンでインターネットに接続したときに発生するものです。
例えば、YouTubeで動画を観たり、Googleで検索をしたり、LINEで会話をしたり、アプリでゲームをする時に発生します。

但し、ご自宅でインターネット回線を開設していて自宅や会社ではWi-Fi(ワイファイ)に接続しているという場合は、自宅や会社でスマートフォンを使っている間は通信量には加算されていません。
この場合は、外出先でスマートフォンを使って通信をしていた場合のみになります。

携帯電話会社に聞いてみた通信量を下記のmineoの料金表と比較してみてください。
安くなるでしょうか?

mineo

検討ポイント②対応機種か?

すべてのスマートフォンが格安スマホへの切り替えに対応している訳ではありません。

機種によっては格安スマホへの切り替えができないタイプもあります。

ご自身が既に持っておられるスマホがあるのであれば、検討している格安スマホ会社へ機種名を伝えて対応している機種かどうかを確認しましょう。

新しいスマホを買うことも可能

格安スマホ会社は新しいスマートフォンの販売もしています。

大手の携帯電話会社と同じように毎月の分割払いでスマートフォンを新規に購入することもできます。

現在持っているスマートフォンを格安スマホに乗り換えてそのまま使い続けることもできますし、
新しいスマホに切り替えて格安スマホ会社を利用することも可能です。

まとめ:固定費を抑えるなら格安スマホ

最後に今回の内容をまとめると

  • 格安スマホは月額利用料980円~
  • 普段スマホをあまり使わない人には特におススメ
  • 既に持っているスマホをそのまま使える
  • 格安スマホでも通信の質は変わらない

毎月の固定費を抑えたいのであれば、携帯電話、特にスマートフォンの費用にかかる割合は非常に大きいと思います。

この機会に思い切って、スマホの料金を見直してみてはどうでしょうか?