ライフスタイル

小麦抜き生活(グルテンフリー)をやっています

グルテンフリー

最近のわたしのライフスタイル。

そのテーマは

グルテンフリーです。

グルテンフリー

世の中には美味しそうなパンはたくさんあります、

美味しいラーメン、うどん、そば、パスタ

お好み焼き、たこ焼き

日本で暮らしていると

小麦粉を使った食品をみないことはありません。

そんなグルテン天国の日本にいながら

2018年5月から小麦粉を使った食品を食べない

グルテンフリー生活を続けています。

グルテンフリーの日常については

こちらのブログでも記事を更新しています。

「小麦抜き生活」始めました

正直、誘惑だらけです

今日もお客様に帰り際に手土産をいただきました

「いつもお世話になっているから。。」

と、

あんこの入ったパイ生地のお菓子です。

もう、

もろグルテンです。

念のため原材料表示をみると

しっかりと「小麦粉」が使われています。

ランチはどこかで食べようかと

レストラン街の案内を見ていました。

イタリアン、うどん屋さん、天ぷら屋さん、お好み焼き屋さん、ファーストフード

いずれも

小麦をメインに使った料理ばかりです。

小麦粉を使っていないお店を探すのが面倒になって、

予定が詰まっていて忙しかったこともあり

ランチ抜き。

という選択になりました。

事務所に戻って、

ドライフルーツとナッツを

ぼりぼり。。。

ドライフルーツ グルテンフリー

無印良品のドライフルーツシリーズは

わたしのメインのお菓子ストックになっています。

身体の調子はすこぶる良好

世の中には

小麦粉を使った美味しいモノがたくさんあって、

正直、

魅力的なのですが、

同時に

グルテンフリー生活を続けていると

小麦粉を摂取することに恐さを感じ始めてしまいます。

それは

グルテンフリー生活を続けることで

身体の調子がすこぶる良いからです。

身体のスッキリ感と

クリアな感覚

便通の良さは

今までには無かった状態でした。

これらがグルテンフリー生活を実践している成果だとすれば

小麦粉を摂取する元の生活に戻ることで

身体が良好な状態を手放してしまうことになるのではないか?

という恐怖心も少なからずあるからです。

小麦粉無しでも食べるものはある

確実に

食べるものの選択肢は減ります。

しかも

わたしが思っていた以上に大幅に減ります。

特に外食では

完全なグルテンフリーを実践しようと思うと

選択肢は激減してしまいます。

なので、

小麦粉アレルギーの人は

本当に大変だろうなと

自分自身が実践することで初めて気づかされました。

自宅での食事も

今までのスタイルからは大きく変わります。

小麦粉に変わって活躍するのは

「米」です。

実際、グルテンフリーの生活が始まってからは

お米が食生活の中心になりました。

ご飯としてのお米を食べるか

小麦粉の代わりに「米粉」を使っています。

グルテンフリー 米粉

例えば朝は

米粉のパンケーキ。

米粉パンケーキ

グルテンフリーにして食べられなくてツライナンバーワンは

パンです。

パンを食べなくなって約2ケ月。

パンも恋しくなってしまいます。

そんな時は

米粉のパンケーキや

米粉のスコーン

米粉のスコーン

米粉のお好み焼き

米粉のピザなど

小麦粉を使わずに米粉を中心に使った料理で対応しています。

まずは2週間おススメしたい

「グルテンフリーをやっている」

というと、

多くの反応として驚かれます。

そして、

「パンも麺類も食べられないなんて、食べるモノないでしょ」

と、

強い拒絶反応さえも見られます。

しかし実際には

食べられるものが無くなるのではなく

食べられるものの選択肢が減るだけです。

そして、

試しに2週間。

実践してみれば

その効果を体感できます。

なんだかモヤモヤする。

イライラすることが多い。

身体が重い、だるい、滞っている。

肩凝り、腰痛がひどい。

そんな状態が

グルテンフリーを始める前までの私でしたが

わたし自身

身体と精神状態の変化には驚くばかりです。

もし、興味が出てきましたら

誰でも、簡単に始められるので

小麦粉を食べない生活

グルテンフリーを試してみませんか?