ビジネス

行動力をあげて結果を出すには?

行動力

自分の行動力をあげることで「結果」を出したい、結果により速く近づきたいと思いませんか?

  • これからやってみたいこと
  • 挑戦したいこと
  • 新しいこと

自分で「やってみたい、やりたい」と思えることを見つけたにも関わらず、
いろいろなことを
頭の中で考えてばかりいて

結局は、行動に移すことができかった。

自分より行動力のある人たちの成果をSNSで見たり、実際に聞いたりすると
正直、羨ましいと思ってしまう。

何もできていない、できない自分を責めてしまっている。

そんなことはありませんか?

今回はあなたの行動力が向上するためのヒントをお伝えします。

行動力ってなに?

そもそも、行動力とはなにか?ということです。

あなたが周囲の人たちを見回した時
「あの人は行動力があるな~」と羨ましく思ったり。

自分自身に対しては
「行動力がないな~」と否定的に思ったり。していませんか?

  • 行動力がある人の方が良い結果が出ていそう
  • 行動力がないから結果が出ないんだ

というように、
行動力の「有る/無し」によって人の評価、自分への評価を決めているかもしれません。
何よりも、行動力の「有る/無し」が自分が何かを実現できないことの理由にもなっている可能性があります。

行動力があるとは?

は行動力には「できる・できない」といったような
一定の決まった評価や基準があるわけでははありません。

学校での成績と同じように評価できないということです。
数学や英語であれば、試験をすることで点数が決まります。
体育、美術、音楽等の実技教科であれば、一定の基準を満たしているかどうか、さらに高い表現ができているかで点数が決まります。

行動力についてはどうでしょうか?

行動力は主観的な感覚で、自分の中での評価できるものです。

ある人を見て「行動力があるな~」と思えば、その人は「あなたから見れば」行動力がある人。です。

ある人を見て「何もしないで、いつもボーっとしてんな~」というように思うのであれば、その人は「あなたから見れば」行動力がない人(低い人)ということになります。

行動力は学校の成績や点数のように客観的に評価できるものではないということです。

行動力のある人は成功しているのか?

行動力の基準はないということを書きましたが、

あなたの主観として「行動力がある」と感じている人たちはみんな成功しているのでしょうか?
うまくいっているのでしょうか?

ということを考えてみましょう。
言うまでもないことかもしれませんが、

行動力があることと、

成功している、うまくいっているとはあまり関連性がありません

「あまり」と書いたのは
行動をすることによって、何らかの結果が生まれ、うまくいっている状態(あるいは成功)へと近づきやすくなるのは間違いないでしょう。

ここで勘違いをしてしまうのは

「行動力がある人はみんなうまくいってそう」という思い込みです。

結果が生まれるのは行動したことの結果ではあるものの、行動力があるかどうかとは別物であるという認識を持つことが非常に重要です。

行動力を高めて結果を出すには

あなたが行動力を高めて結果を出せるようになりたいなと思うのであれば、簡単にできる方法は1つ!

自分の行動を認める

行動ができていない、行動力が自分には無いなと感じているのであれば、

まずは既にできている「行動」を認めることが大事です。

どんな小さなこと、どんな小さな行動でもいいので、自分の行動を認める。ということを積み上げていくイメージを持ってみましょう。

自分自身が行動をできていることに対して承認が出せている状態を積み上げていけば結果的には「行動力がある人」と自分で自分を認めることができるでしょう。

それは、他人から見れば小さな一歩を踏み出しているにすぎないかもしれませんが、自分の中で認められた一歩を踏み出しているのであれば、それは「行動力がある人」ということになります。

行動力を求めているのに行動は認めていない

行動力が自分には無いと感じてしまう要因は自分自身の行動を認められていないということです。

何らかの行動をして、何らかの結果が出たときに

  • たまたまうまくいった
  • 偶然が重なった
  • 運がよかった
  • なんとなくできただけ

というように、結果を受け入れることができないので、結果に至ったプロセスである行動についても認めることができません。

そのため「自分には行動力が無い」という結論になってしまいます。

自分にとっては小さな一歩であったとしても、

それが望む結果からは遠い場所であったとしても

「一歩近づけた」という肯定感を持つことが重要です。

毎日の積み上げが結果になる

今の世の中では
いきなり大きな結果を得ることができている人に注目が集まりやすくなっています。

まるで宝くじを当てるような
大きな結果を得たいと思うかもしれませんが、多くの場合は遠回りです。

「0か100か、当たりかハズレか」を追い求めるよりは、

確実な目の前の「1」を獲得して、次の「1」をまた積み上げていく方がより確実な成果を得られるということです。

行動力ではなく、行動している自分を認める

行動力という指標で人や自分自身を評価することのではなく、

自分自身の行動の1つ1つを確実に認めていくということが重要です。

自分を認めることができれば、他人の評価を気にすることや、他人の行動力を羨むことも無くなってくるでしょう。

あなたの始めたい、行動したい、変わりたい。

という気持ちと共に動き始めたことを自分で認めることで将来手に入れることができる結果や成果がより確実なものとなります。

けれども、どうしても動き出せない、よく分からないブレーキがかかってしまう。

まとめ

「行動力」がないなと、自分自身を客観的に見て

自分の状態を知ることは何よりも重要です。

そこで、行動力が無い自分を責めたり、否定的にならずに

「なぜ、行動力が無い」と感じてしまうのかを考えてみましょう。

ご自身の思考パターンやいつものクセ、慣習から

もしかすると、動き出すためのヒントが見つかるかもしれません。

重要なポイントは

自分でやれるだけのことはやってみる。ということです。