YouTube

日常的に「自分を取り戻す」ための簡単な方法

年末年始の忙しい時期に

ぜひ取り入れてもらいたい

「自分を取り戻す」ための簡単な方法をお伝えします。

動画を気に入っていただければ

高評価&チャンネル登録をよろしくお願いします。

「呼吸」に意識を向ける

簡単な方法と言っているくらいなので

超簡単

日常的に間違いなく行なっている「呼吸」に意識を向けるということです。

呼吸をするのは当たり前ですが

呼吸に「意識を向ける」となるとどうでしょうか?

普段から

無意識に呼吸をしているということはないでしょうか?

人間が生きていく上で、

「呼吸をしない」ということはありませんが

無意識に呼吸をしている人がほとんどだと思います。

1日を振り返った時に

「あ〜、あの時ちゃんと呼吸できていたな」と思うことはないでしょう。

自然で、当たり前に行なっているのが呼吸です。

この呼吸という行為に対して、

意識を向けてみるというのが今回のテーマです。

深い呼吸は効果がある

よく、深呼吸をしましょう。

みたいなことはよく聞きます。

ラジオ体操の最後には深呼吸をする時間があります。

ヨガでは深い呼吸に意識を向ける時間が最初と最後にあります。

深い呼吸をすることによって酸素を体内に行き渡らせる

それによって

リラックス、落ち着き、循環を良くする、活性化など

様々な効果があるのは既にご存知のことと思います。

改めて、深呼吸の効果を説明するまでもないでしょう。

例えば、スポーツジムのプログラムに参加して

インストラクターの方に

インストラクター

呼吸に意識を向けて、深い呼吸をしてみましょう!

と言われたら

その時は意識的に呼吸に意識を向けることでしょう。

それによって、運動の効果が高まったり、リラックス状態に入ることができます。

では、日常の中ではどうでしょうか?

集中するほどにできない

私の場合、

目の前のことに集中している時ほどに呼吸に意識が向かず、

無意識に呼吸をしていることが多いです。

例えばこのブログを書いている時間。

今回のような「呼吸」というテーマでなければ

普段は呼吸に対して意識を向けることもなく、文章を書いています。

何かに対して集中状態にあるほどに深い呼吸からは遠のいています。

頑張ってやるほどに

呼吸に対して意識が向かなくなっています。

一息置いて深呼吸

そこで今回のテーマとなるのが

「呼吸」ということです。

何かに対して集中している状態というのは

外側に対して意識が向いています。

例えば自動車の運転であれば

視界に入る様々な状況に対して意識を向けて安全運転を心がて運転します。

例えばブログの記事を書くということであれば

読者の方にどんな情報の伝え方をすればいいのかを考えて文章を書いていきます。

自分の内側から発せられるものではありますが

意識としては外側を向いていることが多いでしょう。

そんな時に

呼吸に対して意識を向けてみます。

難しいこと何もなくて

ただ、

ちゃんと呼吸できているかな?

深く息を吸ってみよう。

深呼吸をして気持ちを落ち着かせよう。

というように、

目の前の集中している状況の中にあって、一呼吸おいてみるということです。

この呼吸に意識を向けるという行為は

自分自身に対して意識を向けるということになります。

外側に向かっていた意識が

自分の内側に対して向けるようになります。

これだけのことですが

自分を取り戻すことができる簡単な方法です。

あまりにも当たり前のことすぎると思うわれるかもしれません。

もし、

この文章をここまで読んでいただいた時に

呼吸に意識を向けながら読めていない

呼吸に対して無意識になっているなと感じたら

ここで

深く息を吸ってみてください。

作業の途中で呼吸に意識を向けて

深く息を吸ってみる。

それだけのことですが

外側に向いていた意識が

ふと

自分に対して意識が向いているのを感じることでしょう。

そうやって

自分に対して意識を向ける時間を1日の中で増やしていくことによって

自分が自分でいられる時間

自分を取り戻すことができるようになっていきます。

ABOUT ME
ヨネイカン
自分らしく生きる学校を運営しています。 <対面>個人セッションでカウンセリングを実施中。ご希望の方はご相談ください。 【YouTubeチャンネル】 自分らしく生きる学校
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。