好きなもの

PCの買い替え時に注意したい、デル「XPS13」の外部接続のポート

久々の更新になってしまいました。
デルアンバサダープログラムの「XPS13」お試しプログラムに当選し、パソコンが到着してから約1か月が経過しました。

https://kanyonei.com/2019/11/15/dell-xps13monitor/

正直、使い勝手の良さと性能の高さで手放せない存在になってきています。
そのため新しいパソコンの購入にばかり目が行ってしまっている状況ですが、今回は旧いパソコンから新しいパソコンに切り替えられる際に注意したい外部接続ポートについてご紹介します。

少なく、小さくなっている

デルXPS13は、本体が薄く軽い。というのが大きな特徴で持ち運びにも便利で、どこにでも持っていけるシンプルさが魅力です。
13インチという小さな画面でありながら、フレームレスの最大限の画面とキータッチがしっかりとしたフルサイズのキーボード。
小さいながらもパソコンとしても非常に使いやすい、モバイルPCとなっています。

こういった、小さいサイズのモバイルPCはデルに限らず、最近の傾向としては「USB-C」という接続が採用されていることが多いです。
Apple製品では、iPad、MacBookでも採用されており、私が使っているスマートフォン「galaxy」もUSB-Cで充電しています。

USB-Cで外部接続

今までのUSBの接続端子と比較するとサイズ感として小さくなっているのが特長です。

USB-Cのケーブル
右がUSB-C

この接続部分が小さくなった分だけ、本体側面などに差し込む部分も小さくなっていますので、よりパソコン本体を小さくできるのでしょうか?
最近ではUSB-Cを組み込まれているパソコンが多くみられます。

今までの機器が使えない?

今までのパソコンでは使えていたUSBの周辺機器がそのままでは使えなくなってしまうので、パソコンを買い替えられる方は注意が必要です。

ワイヤレスマウスが使えなくなった

私の場合はUSB接続のワイヤレスマウスを使っていましたので、XPS13とはそのままでは使うことができません。
そこで、パソコンに付属の変換器を通して、使えるようになりました。

ワイヤレスマウス
ワイヤレスマウスの受信機

このように、ワイヤレスマウスの受信機を変換アダプターに接続して使わなければならないため、正直「不便」です。

おススメはBluetooth接続のワイヤレスマウス

最近ではUSB接続のワイヤレスマウスを購入される方は少ないかもしれませんが、少し価格が高くてもおススメなのは「Bluetooth接続のワイヤレスマウス」を購入されることをおススメします。
今回のようにパソコンの接続端子部分に依存することはないですし、マウスの受信機が外部接続の端子を一つ使ってしまうことで、XPS13のようなモバイルノートパソコンは他の機器が接続できなくなってしまうからです。

USBメモリやSDカードも

他にも私が今まで使っていたもので使えなくなってしまったものとして、USBメモリとSDカードがあります。
データの転送やビデオカメラで撮影した動画のデータ保存に使っていましたが、XPS13ではそのままでは使えません。

メモリーカード
XPS13では使えない

SDカードはサイズが合わない

XPS13はSDカードにも対応していますが、上記の写真のような通常サイズのSDカードは挿すことができません。
下記のような「micro(マイクロ)SD」と言われるカードの差込口となっています。

マイクロSDとSDカード
マイクロSD

USBメモリも変換機を通して使う

USBメモリはマウスで使ったのと同様の変換アダプターを通せば使用することは可能です。

USBメモリの変換
USBメモリの変換

このように列車が連なるように接続していきます。

私の場合、問題はマウスと同時に使えないということでした。

差込口の一つをUSBメモリに使うためには、最初にご紹介したマウスの受信機は外さなければなりません。
そうなるとUSBメモリかUSBワイヤレスマウスのどちらか一つを使う。ということになりますので、一時的ではありますが非常に不便な状況に陥ってしまいます。

パソコンと周辺機器

これからの時期、Windows7のサポート終了と共に、パソコンの買い替えを検討されている方も多いとは思います。
そんな時に、注意したいのが今まで使っていた周辺機器はそのまま使えるのか?
そのまま使うには何かアダプターのようなものが必要なのか?

よく確認をされた上で、購入をされるのがおススメです。