YouTube

目標の立て方、目標達成のための近道となる方法

新年の始まりにあたって

目標を立てる

という方も多いのではないでしょうか?

私も1年の目標を家族で共有しました。

2023年目標が達成できて「良い一年だった」と思える年末を迎えたいモノです。

今回は

目標の立て方と達成するための方法、考え方をご紹介します。

関連する動画も公開しています。

動画を気に入っていただけたら

チャンネル登録と高評価をよろしくお願いします。

大きな目標と小さなステップ

目標を立てるときにオススメなのは

自分が本当に手に入れたい大きな目標を立てると同時に

目標を達成するための小さな目標、小さなステップを作ることです。

目標初心者は

大きな目標だけを立ててしまいがちです。

「こうなったら良いな〜」という夢が現実になれば。

それはとても嬉しいことです。

でも、

大きな目標は大きすぎて叶わないこともあります。

達成できない大きな目標であれば立てない方がいいのではないか?

そんな事はありません。

大きな目標の役割とは何か?

それは

方向性を決める上で大切

大きな目標の役割は

自分自身の方向性を決めるという点で非常に大切です。

大きな視点を持つことによって

どちらに自分自身が向かいたいのかを決めることができます。

いくら目標を達成して満足できたとしても

そもそもが、自分の向かいたい方向への達成でなければ意味がありません。

自分自身がどこに向かうために

何のために目標を達成しようとしているのか?

その方向性を決めるために必要なのです。

大きな目標は達成が難しい

大きな目標を立てる事はできますが

達成することは難しい、夢物語のように感じるかもしれません。

目標は作った、立てたけれど

目標が大き過ぎて、いつも諦めている

ということもあるかもしれません。

そこで次のステップとしてオススメしたいのが

小さな目標を作るということです。

しかも

手の届く感じの小さな目標。

ここは結構ポイントです。

目標達成できた!

小さな目標を達成するのは

目標達成できた!

という、

成功体験を自分の中で積み上げていくためです。

先程の大きな目標だと

目標達成するのは1年以内では難しいかもしれません。

数年、数十年かかるかもしれませんし

もしかするといつまでも達成できないかもしれません。

そうなると

「自分には目標を達成できるんだ!」という成功体験を得ることができません。

手の届く小さな目標を設定する

そして、

実際に行動して結果を出して

目標を達成する

自分にも達成することができるんだという成功体験が積み上がっていきます。

階段を登るように目標達成

小さな目標設定としてオススメなのが

ゴール地点を目標として

小さな目標を階段を一段ずつ上がっていくように設定することです。

目標をいきなり一足跳びで達成して

望む結果を手に入れるのは非常に大変なことです。

でも、

目の前の1つ1つを丁寧にクリアしていくことで

最終的にゴール地点である

ご自身が望む大きな目標を達成する

そのためのルートを作っていくようなイメージです。

結果を確認する

最後に

最重要ポイントを1つご紹介します。

それは

結果を確認するということです。

目標を設定して、行動した。

けれどその結果をちゃんと確認していない。という事はないですか?

私はあります。

結果を見るのが怖かったり。

目標達成できていない自分を認めたくなかったり。

結果よりも、次に行こう!という気持ちが出たり。

目標は設定しているのに

その目標がどうなっているのか?

確認をせずに終わってしまうということは多々あります。

そうなると自分の中では

何もしていないのと一緒

ということになってしまいます。

自分自身で

やってきたことをちゃんと認める。自己承認する。

という点においては

今回ご紹介している

目標を設定して

その結果をちゃんと見て、受け入れる。

というのはとても大切なことです。

毎日の振り返りがオススメ

目標を設定して、

達成度合いを確認する。

オススメなのは1日の振り返りをすることです。

夜寝る前に、

少しの時間でも良いので

自分の1日を振り返る時間を作ってみましょう。

おすすめは日記を書くことです。

今日一日、

何をしようとして

何ができなくて

何ができたのか?

自分自身を振り返ることで、目標を確実に達成していく感覚を習慣化していきたいものです。

ABOUT ME
ヨネイカン
自分らしく生きる学校を運営しています。 <対面>個人セッションでカウンセリングを実施中。ご希望の方はご相談ください。 【YouTubeチャンネル】 自分らしく生きる学校
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。