YouTube

マイペースで進む感覚を【長所】に変える

マイペースな生き方って

なんだか、

自分勝手とか

ワガママとか

好きなようにとか

あまり良いイメージが持てないかもしれませんが

「マイペース」の感覚を自分で持てるようになると

実は大きなメリットがたくさあります。

  • マイペース感覚をつかむ
  • マイペースを承認する
  • マイペースでいることのメリット

マイペースに自分の人生を生きる

マイペースに生きるということは

その言葉の意味が示す通り

「自分の人生を自分のペースで生きる」ということです。

誰もが、

自分ではない他の人のペースに合わせて生きるよりも

自分のペースで生きていきたいと思っていることでしょう。

ところが、

「マイペース」という言葉だけが先行して、

マイペースに対してのネガティブイメージの方が強くなっているかもしれません。

マイペースのデメリット

一般的なイメージとしては

最初に書いたようにマイペースで生きることに対して

あまり良くない印象があるのかもしれません。

しかし、

同時に多くの人は

自分のペースで生きたい

という欲求を抱えています。

自分のペースで生きたいけれど

マイペースなのは

自分勝手で、ワガママで、

ダメなんじゃないか、孤立してしまうのではないか。

と思ってしまいます。

確かに世間一般では

自分勝手でワガママな人よりも

周りのペースに合わすことができて、協調性があることを求められます。

でも、

あなたが

あなた自身の人生を生きている。

その時点で

それは「あなたのペースで生きている」ことに他ならない訳です。

自分のペースをつかむ

そこで大事にしたいのが

自分のペース感覚を掴むということ。

そのための一歩として大事なのは

マイペースに生きている自分を認める」ということです。

実際、ご自身の生活を見てみましょう。

他の誰とも違った、あなただけのライフスタイルが構築されているはずです。

1分1秒と違わず、あなたと同じ生活をしている人がいたら恐すぎですね。

ところが、

学校や会社、家庭などの中に入ってしまうと

周りに合わせたような生活を送っているような気がしてきます。

確かにそういった「みんなで一緒に」という部分もあることでしょう。

でも、それはあなたの一部であって、全部ではない。

自分は自分のペースで生きているんだ。

ということを改めて認識してみましょう。

その上で、

あなた自身が

あなたのペース「マイペース」で生き、進んでいるんだという感覚を意識してみましょう。

マイペースのシェアを増やす

生きていればどうしても

マイペースではいられない時間が増えてくるかもしれません。

そんな時、

自分の気持ちとして

「わたしには、わたしのペースがあるんだ」ということを意識しておく。

それだけで、

気持ちが支配されてしまうことを防ぐことができます。

その上で、

生きている時間そのものに対して、

自分らしくない生き方をしている時間を減らし

自分らしく生きている時間を確保する

結果的に

マイペースで生きているんだという実感が

どんどんと得られるようになっていきます。

ワガママで好き勝手に

あなたのペースで

あなたの人生を生きる。

そんな意思を持ってみるのはどうでしょうか?

ABOUT ME
ヨネイカン
自分らしく生きる学校を運営しています。 <対面>個人セッションでカウンセリングを実施中。ご希望の方はご相談ください。 【YouTubeチャンネル】 自分らしく生きる学校
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。