ビジネス

DELLアンバサダー「XPS15 2in1」を使ってみた

XPS15

今回もDELLアンバサダーの新商品モニターに当選し、DELLのモニターPCが届きました。
いつもながら新しいパソコンにはワクワクしてしまうのですが、、、
今回は
モニター商品が届いた翌日から39度の高熱が続き、ダウン。。。

何をするにも、健康管理が最も大切ですね。

届いてから数日が経過してしまいましたが、DELLが最も前面に出して売り出している注目のノートパソコンである「XPS」についてレポートしていきます。

DELLのセールスポイント

DELLからのXPS15のセールスポイントはこちら!

世界最薄15.6インチ2-in-1ノートパソコン。最新の第8世代インテル クアッド Coreプロセッサー、Radeon Vega M専用グラフィックスカードを1つのチップセットに搭載し、圧倒的なパフォーマンスを実現。

15インチサイズのノートパソコンとしては世界最薄でありながら、第8世代のインテルのCPUを搭載していて処理速度が速く、圧倒的なパフォーマンスを発揮している。

ということです。

個人的なDELL好きなポイント

わたしは個人的にはビジネスでもプライベートでもDELLのパソコンを愛用してきました。
もう、20年近くDELLのパソコンばかりを購入しています。

わたいのDELLのパソコンで最も好きなポイントは3つ。

  • シンプルな構成(余計なものが入っていない)
  • コストパフォーマンスが良い
  • 長持ちする

国内社のパソコンの場合は、必要のないソフトや機能まで付いていることが多く、アンインストールするだけでも時間がかかってしまい、面倒です。
また、取り敢えず置いておくか。。と思っておいているソフトも結局は一回も使わないということも多々あります。

DELLは基本的には何も入っていません。
逆に言えば、必要なものは自分で入れなければならない。ということです。

といっても、パソコンの場合は必要なモノというのはある程度限られているので、必要最低限のものだけを入れて、後は安定的に動いてくれるのが一番です。

何も入っていないという点では
アップル社のMac(iMac、MacBook)、マイクロソフト社のsurface(サーフェイス)シリーズ等も同じです。

上記の2社と比べると、DELLはコストパフォーマンスが圧倒的に高いというのが言えそうです。
上記の2社は特に「デザイン」という点では好きになれる要素が多く、コアファンも多いとは思います。
わたしも好きです。

DELLはデザイン的には圧倒的に優れているということはなく、昔から実直なイメージでデザインに面白みはありません。

ただ、20年にわたってDELLを導入し続けていわたしの感想としては

DELLのパソコン1台、1台は非常に長持ちする。という点です。

当然ながら、Windowsのアップデートの影響等によってどうしても使い勝手や速度が遅くなったり、年数による消耗というのは避けられませんが、それは別にしたとしても耐用年数が他のパソコンに比べると長いように思うのです。

ここまでは、わたしのDELL愛用の想いを書いてきましたが、
今回のメインテーマである新しいノートパソコン「XPS15」についてご紹介します。

XPS15 2in1の特長は?

一言で言うなら、

画面のデカい、優秀なタブレット

但し、重い。

といったところでしょうか。

XPS15

ノートパソコンですが、上記のように画面を背中合わせにすることができるので、タブレット端末のような使い方ができるのが特長です。

そして、最初の書いたようにXPS15自体が高性能のノートパソコンですので、一般的なタブレット端末と比べると圧倒的なスピード感を体感することが可能です。

とにかくスムーズに動いてくれて、速いです。

XPS15 タブレット

このように片手で持ってタブレット端末のように使うことも可能ですが、片手で持ち続けるには重すぎます。

カタログ値では最小重量:1.98kg

ということで、iPadシリーズの「500g」前後の重量と比較するとかなり重く感じます。
実際、片手で持ち続けることは不可能かなと。

ですので、ソファに座って膝の上で楽しむ。
机において、ペンで楽しむ。

というように、固定された状態でのタブレット使いがおススメです。

XPS15

床において、指で操作してみましたが、かなり快適に使うことができます。
パソコンの新しい使い方を提案してくれています。

従来のパソコンとしても高機能

以前の記事でXPS13のレビュー記事を書いています。

以前にモニターをさせてもらったXPS13と比較すると、マウス操作の代わりとなるトラックパッドの部分の操作性、反応がXPS15の方が非常に良かったような印象でした。

XPS15

本体自体が大きいせいでしょうか?
非常に快適に、かつスムーズに操作することができます。
先ほどご紹介したようにタブレット端末としての反応もかなり良いですので、マウスの必要性を感じさせないパフォーマンスがありました。

外部接続はUSB-C

外部接続機器に関してはUSB-Cのみとなっていますので、今までパソコンを使っていた方が買い替える場合には周辺機器との接続に注意が必要です。

USB-C

今まで使っているUSB対応の周辺機器も使えますが、ケーブル端子の種類が異なっていますので変換ケーブルや変換機器を購入する必要があるかもしれません。

キレイな映像をスムーズに楽しめる

XPS15はパソコン本体として高機能であり、ディスプレイのレベルも高いですので映像も高品質なものを手軽に楽しめるようなイメージです。

例えば、DAZN(ダゾーン)のようなスポーツ番組系の動画配信サービスであっても違和感なく楽しむことができました。

こんな人におススメ

デルのXPS15 2in1 は、とにかく画面が大きくて高性能なノートパソコンでありタブレット端末という位置づけです。

メリット
  • コストパフォーマンスが良い
  • 画面が大きくて快適
  • 反応速度がスムーズ
  • タブレット端末としても高機能
  • Windowsが使える
  • ペン入力に対応

上記のような方、

小さな画面のノートパソコンやタブレット端末ではストレスを感じる。
大きな画面で作業をした方が作業効率が良い。
高機能なノートパソコンが欲しい。

そんな方におススメです。

デメリット
  • デカい
  • 重い
  • ちょっと高めの価格

ノートパソコンに対して、モバイル性を求める(軽い、小さい)という方には向いていない端末です。
外に持ち出して活用するというタイプでは無く、自宅やオフィスでじっくりと楽しむことに向いているノートパソコンという位置づけになります。