YouTube

やりたくないこと、嫌なことを表面化させる

久々の更新になりました。

今回は公開したばかりのYouTube動画のご紹介です。

今回の動画はいつもとちょっと違うテンションで話してみました。

いつもはゆっくりと落ち着いて、自分のペースで話していますが

この動画では、ちょっとテンション上げめでトークです。

どうぞお楽しみください。

嫌なことを認めたくない

嫌なこと

やりたいくないことが

自分の中に確実に存在しているのに

その「存在」を認めたくないということはないでしょうか?

私の場合は嫌なことを認めることによって

  • わがまま
  • 自分勝手な人
  • 独りよがり
  • 協調性がない
  • 変わり者

というように、ネガティブなイメージが常についていました。

なので、なるべく自分の中にある嫌なことは認めないようにして

「何でもやりますよ〜」というような

どんな相手にも合わせることができる自分でいたように思います。

しかし実際にはどうでしょうか?

相手に完全に合わせることって

できないのです。

相手に合わせてもいつかは・・・

どんな人であれ、相手に合わせていてはいつかは

こじれます。

そんな経験はないでしょうか?

例えば、ずっと相手に合わせ続けて自分の嫌なことも乗り越えてやり続けていれば

相手の要求はどんどんとエスカレートしていき

相手にとって都合の良い人間であるように求められてきます。

そして、

いつか限界点が必ず訪れます。

それは同じ人間ではないからです。

Aさんにとっては当然、できて当たり前、やるべきこと。

と思っていることが

Bさんにとっては特別、できなくて当たり前、やらなくていいこと。

ということがあるでしょう。

その少しずつの

ズレ感が

問題を大きくしていきます。

また自分自身の視点から考えると

いつか

自分自身が壊れてしまう

ということがあります。

自分を見失ってしまう

渦中にいると意外と気づかないのが

自分自身の気持ちです。

相手に合わせ続けていると

相手に承認してもらえるので何となく「心地よい」気持ちになります。

もっと認めて欲しい、もっと褒めて欲しい、もっと言って欲しい。

でも、

やっているのが自分にとっては嫌なこと、やりたくないことだとしたら。

自分の内面では嫌なことをしている自分を責め、蔑んでいます。

でも

自分の外側ではどんどんと認められていきます。

「すごいね〜。さすがだね〜。あなたにしかできない。」

自分らしさのギャップが深まるほどに

自分自身が崩れ、壊れてしまう要因になってきます。

嫌なことを表面化

自分にとって嫌なこと、やりたくないことを

相手に直接

「嫌です!やりたくないです!」と言えたらどんなにいいでしょうか。

人によっては「そんなの余裕だよ」という人もいるでしょうが。

私は苦手です。

自分にとっての嫌なことを直接相手に伝えるのは

  • 嫌われそう
  • 迷惑になりそう
  • ワガママと思われそう
  • ダメな人と思われそう

というように、

コミュニケーションにおいてマイナスなのではないかと思い込んでいました。

その思い込みは最初に書いたように「何でも受け入れる”いい人”」でいることによって、どんどんと自分自身の中にストレスが溜め込まれていきます。

そこで重要なのが、

直接相手に伝える前にまずは自分の中に眠ってしまっている嫌なことを表面化させるという方法です。

嫌なことを表面化させるのに苦手意識がある私にとっての解決法が

書き出すことだったのです。

嫌なことを書き出す

やることはシンプルです。

自分の中に仕舞い込んでしまっている

リストを書き出す
  • 嫌なこと
  • やりたくないこと

これらを思いつくままにどんどんと書き出していきます。

誰かに伝えるとか

誰かに言うとか、

発表するとか、

そんな必要は一切ありません。

ただただ、シンプルに自分の中にある思いを書き出していきます。

書き出したものを見つめる

そうして書き出したものを見つめてみます。

書き出したものを見つめることによって客観的に自分にとっての嫌なことを把握することができます。

自分の中だけで消化して、いつの間にか見ないようにしていたものが表面化することができるのです。

さらにオススメなのが

音読です。

恥ずかしいかもしれませんが、声に出して読んでみます。

自分で声に出して読み返してみることによって、さらに自分のものとして自分自身に刷り込んでいくことができます。

表面化することで気づける

自分にとっての嫌なこと、やりたくないことをこのようにして表面化しておくことによって

普段の何気ない日常の中に自分にとっての嫌なこと、やりたくないことに気づきやすくなります。

今までは何となく相手に合わせていたり、状況に合わせたりしていたものが

同じような状況になったとしても

「本当はやりたくないけれど、今は相手に合わせてやっておくか」

というように、一呼吸おけることによって本来の自分らしさを失いにくくなるのです。

とてもシンプルで簡単なことのようにも思いますが、意識の置き方が変わるだけでご自身の人生そのものが大きく変わるようなキッカケになりますので試してみてください。

ABOUT ME
ヨネイカン
自分らしく生きる学校を運営しています。 <対面>個人セッションでカウンセリングを実施中。ご希望の方はご相談ください。 【YouTubeチャンネル】 自分らしく生きる学校
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。