ビジネス

WordPressでブログを作っても最初のアクセス数が無い

WordPress

ウェブを使って稼ぐための最初の一歩として「ブログ」を始めてみる。
ブログは自分で開設できるホームページ機能としておススメです。

しかし、苦労してWordPressでブログを開設してみたものの「アクセス数がまったく集まらない」ということはないでしょうか?

特に、以前に無料ブログサービスを使ってブログを開設されていた方であれば、その差を歴然と感じられるかもしれません。

無料ブログのメリットは一定の集客

以前の記事で、ウェブを使って稼ぐなら「無料ブログサービスはおススメしない」理由を解説しました。

下記の記事を読んでいただければ、無料ブログサービスよりも自分でブログを設置するWordPressの方が良いように感じていただけるのではないかと思います。

無料ブログサービスよりも、WordPressを自分で開設する方がとてつもなく大変です。
しかも、お金がかかります。
年間で1万円~程度ですが、「無料」ではできません。

しかし、

お金をかけてWordPressを作ったのにアクセス数がない!!

これが普通です。

無料ブログサービスのメリット

無料ブログサービスを使えば無料でブログをすぐに設置でき、ホームページの開設に詳しくない人でも会員登録だけですぐに始められるのが魅力です。

さらに、無料ブログサービスを使ってブログを書くと最初から一定の人数の訪問者が来てくれます。

理由は、

無料ブログサービスの中で、あなたの記事が紹介されているからです。

紹介のされ方はいろいろあります。

  • 新着記事として出てくる
  • 関連記事として出てくる
  • カテゴリー記事として出てくる
  • ランキングに出てくる
  • 紹介記事として出てくる
  • 読者登録者に知らされる

ブログサービスの中で、ユーザーを巡回させるように提供者側がブログサービスそのものに来ているユーザーの興味を刺激するように工夫しているのです。

WordPressのブログは孤島

WordPressでブログを設置するということは、無料ブログサービスという特定のサービス圏の中に身を置くというわけではなく、完全な孤島にいると思ってください。

誰も知らない、誰かに見つけてもらうことさえ難しい島です。

WordPress

最初の段階ではGoogleにさえ見つけてもらえていません。

Googleに見つけられていない

GoogleにあなたがWordPressで頑張って作ったブログが見つけられていない。

どういうことでしょうか?

Googleでブログ内で使われているキーワードで検索をしたときに、Googleの検索結果に自分のブログが表示されないという意味です。

それでは人はどうやってあなたのブログにやってくることができるでしょうか?

ブログに来てもらう方法を考える

ここから重要なのは、自分自身でブログに来てもらうための方法を考えるということです。

最初の内はまさに誰も存在を知らない孤島です。

誰も知らない島の中で、いくら質の高い情報を発信しても

誰も存在を知らないので、情報は誰にも届くことはありません。

これが、WordPressでブログを設置した当初の状態です。

では、どんな方法があるでしょうか?

URLを知らせる

Googleに知られていない内にブログに来てもらう方法の一つは、「URLを直接入力して」来てもらうということになります。

例えば、名刺やチラシ等の印刷物にブログのアドレスを載せたものを配布したり、

メールでブログの開設を知らせるという方法が考えられます。

SNSで知らせる

FacebookやTwitterのアカウントを持っていて、フォロワーが一定数いるのであれば、
その人たちにご自身のブログの存在を知らせるというのが、最初の訪問者として来てもらうには最も簡単な方法です。

記事を書いたら、「新しいブログ記事を書きました!」というように知らせます。

SNSのタイムラインに乗せたアドレスをクリックすれば、そのまま記事を読みに来ることができます。

Googleに知らせる

Googleにも開設したブログの存在を知ってもらう必要があります。

無料ブログサービスであれば、自分で作業をしなくても自動的に検索エンジンと言われる検索サイトに反映されるようになっています。

しかし、WordPressでブログを開設する場合は自分で検索エンジン対策(SEO)と言われる作業をする必要があります。

Googleサーチコンソール

Googleにブログの存在をお知らせするために使うのが

Googleサーチコンソール」です。

サーチコンソールで検索すれば、WordPressで作ったブログをGoogleの検索結果に反映させる方法がたくさん出てきますのでぜひ調べてみてください。

作業としては非常に簡単ですが、絶対に必要なのが「Googleのアカウント」です。

Googleのアカウントは無料ですぐに作成ができますので、まだ作っていない方はこの機会に作っておきましょう。

とにかく記事を書く

WordPressでブログを作っても、最初の内は訪問者がありません。

無料ブログサービスなら、数人が来てくれたかもしれませんが

ワードプレスの場合は、ゼロの時も普通にあります。

誰にも見られていない記事を書き続けるのは大変かもしれません、モチベーションも維持できないかもしれませんが、とにかく書き続けましょう。

書いた記事の量があなたのブログの資産になっていきます。
例えば、書いた記事の本数、文字数だけ使われているキーワードのボリュームが増えます。

そうなると、実際にGoogleの検索結果に反映され始めた際には
既に書いているブログ記事に含まれているキーワードが大きな資産となるのです。

そして何よりも、書くことによって文章力は向上していきます。

キーワードが量産され、そして記事の質が上がっていく。

結果的にはあなたが目指す場所へとブログが連れて行ってくれることでしょう。

ブログで文章を書く参考書

ブログで文章を書く際に役立つ書籍をご紹介しておきます。

まずはこちら。
少し古い本ですが、ブログで文章を書く基本を学べます。

ブログの業界では有名人の「イケダハヤト」さんの書籍です。
ブログで文章を書くなら必読のおススメ本です。

わたしもかなり影響を受け、学ばせてもらっています。

武器としての書く技術 (中経出版) 

ちょっと濃い目の内容の本ですが、こちらもおススメ。
SEO対策を意識したブログ記事の書き方になってくるので、テクニックに走ってしまって、本質を見失わないようにはしたいものです。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

こちらは、ブログ記事の書き方というよりもワードプレスの開設のためのガイドブックとしての要素が強いです。
ブログ記事の書き方と合わせて知りたい方に。

はじめてのブログをワードプレスで作るための本 

将来、大きく成長する可能性

もちろん、無料ブログサービスを使っていてもたくさんのアクセス数、成果を上げることは可能です。

しかし、WordPressでブログを作ってアクセス数をしっかりと上げ、成果に繋がる記事を作成することができれば、ご自身の資産となってくることは間違いないでしょう。

また、無料ブログサービスの記事でも書きましたが、無料ブログサービスがサービスを止めたり、アカウントの停止を通告してくるというリスクもあります。

もし、ご自身のブログが大きく育って、ウェブを使って稼ぐことができるようになり出した頃に無料ブログサービスのブログが止められてしまったら。
これほど悲しいことはありません。

WordPressでブログを作っても、契約しているレンタルサーバーが止まってしまうというリスクが起こる確率はゼロではありませんが、無料ブログサービスのブログに比べるとかなり低いです。

自分への信頼

WordPressでブログを作って育てていくというのは、最終的には自分自身に対する信頼だけです。

最初の内は、訪問者(アクセス数)も少なく、気持ちがめげたり、落ち込むことがあるかもしれません。

そんな時に「ブログのアクセス数が少ないから、もうやめよう」と思うのか?

それとも

「ブログのアクセス数が少ないから、どんな対策をすればいいのか?」

ということを自分で考え、行動することができるかどうかです。

いまやネットで調べれば、やるべき対策はいくらでも出てきます。
YouTubeでも「ブログで稼ぐ方法」という動画がたくさん出ています。

様々な方法、ノウハウ、ツールはありますが、最終的に大事なのは

記事の質 です。

アクセスが伸び悩み、対策に忙しいかもしれませんが

とにかく優先すべきは「記事の質を上げる」こと。

それは、ブログに来てもらいたいユーザー(お客さん)をイメージして、その人にしっかりとメッセージが届き、そして行動してもらう。

相手を変えるくらいの力があるブログ記事を書けるようになりたいものです。