ビジネス

コロナで会社が休業・解雇で収入減少に備える副業の考え方

コロナ禍の影響によって、所属している会社の業績が落ち込んだり、場合によっては経営が行き詰ってしまっている。ということが徐々に起こり始めています。

既にご自身が勤めておられる会社が「ヤバそう」という雰囲気を察知している方もいらっしゃれば、
全スタッフが一丸となってこの危機を乗り切ろう!
と気合も気力も十分に対応に当たっておられるかもしれません。

しかし、現実的な問題として

自分自身の身は、最終的には自分で守っていくしかありません。

アイコン名を入力

今の会社の収入がいつまで続くか分からない。
いつ解雇されるのか分からない。

そのような不安と共に生き続けるのではなく、自分自身で今の給与以外に稼ぐ方法を作っておく。というのも、一つの考え方です。

今回は、副業をテーマとしてお伝えしていきます。

自分自身が疲弊しない副業選び

なによりも大事なのはご自身が疲弊しない、疲れない、嫌にならない。
そんな副業選びが大事になってくるのではないかと思います。

人は追い込まれると、

  • とにかく仕事があれば何でもやる!
  • とにかく稼げればいい!
  • お金になることなら何でもやる!

というように、「お金」だけが目的になってしまうと、自分自身が何をやりたいか?ということは完全に無視をして「とにかく稼げればいい」という方向に考えてしまいがちです。

そうなってしまうと、多くの人が考えるのは「時間給労働」です。

副業で時間給労働はおススメしない

最初の内の経験や学びとして、誰かの元で仕事をする。
時間給で仕事をするというのも一つの方法であります。

しかし、
今現在、仕事がありながら「副業」として何か別の仕事を同時進行で考えておられるのであれば、時間給労働の副業はデメリットが大きいことでしょう。

テレワークのヒマ時間にバイト

例えば、会社の業務がテレワークへと移行して、日中の仕事が楽になってきたので、仕事が終わった夕方以降の時間や休日にバイトに行く。
というのも一つの方法ではあります。

時間給労働は、勤務先さえ見つけることができれば、
ある程度の金額は簡単に稼ぐことができます。

時給1,000円×3時間×月12回勤務

ということであれば、36,000円が入ってきます。

これは、この後にご紹介する自分でビジネスを作り出す副業に比べれば非常に簡単に稼げる方法です。

さらにバイトに使う時間を増えせば、その分だけ収入も増えていくことでしょう。

本当に自分がやりたいことか?

お金を稼ぐという点では理にかなっていますが、

問題は本当にそれが自分のやりたいことなのかどうか?
ということです。

もし、自分のやりたい仕事ではなく

とりあえず稼ぐことができる方法だからと時間給労働でのバイトを選ぶ。

最初の内は刺激もあって、学びもあって、楽しいこともあるかもしれません。

しかし、問題はその後も継続的に続けることができるのか?
ということです。

バイトでの経験がまったくの無駄になるとは思えませんが、自分が本当にやりたいことをやって、生きていく。

という点で考えると、遠回りになってしまいます。

世の中にはいろいろな稼ぎ方がある

今まで、従業員、派遣、バイト・パート等といった誰かに雇われて働く。ということしか経験をしてこなかった方には縁がない稼ぎ方のようにおもわれるかもしれませんが、世の中には時間給労働だけではない稼ぎ方もたくさんあります。

  1. 時給労働で稼ぐ
  2. 知的財産を使って稼ぐ
  3. 広告収入で稼ぐ
  4. 商品・サービスを販売して稼ぐ
  5. 事業を売却して稼ぐ
  6. 会社を上場させて稼ぐ
  7. 投資で稼ぐ

今まで、時間給労働だけしか経験をしたことがないと、上記の①以外の稼ぎ方は知識としては知っているモノの、実態感がないというか、

ぴんと来ない

という方もおおいかもしれません。

まず、大切なのは「時間給労働」だけではない稼ぎ方が世の中には存在していて、そうやって稼いでいる人たちが存在しているということです。

ということは、誰にでも実現できる可能性がある。という発想ができるかどうか?です。

時間を使わないと稼げないという発想

どうしても囚われてしまいがちなのが

「自分の時間を使わないと稼げない」という発想がでてきてしまい、

結果的に「頑張り続けないと稼ぐことができない」という思い込みに縛られてしまうことです。

こうなってしまうと、「稼ぐ」ということを考えた時に、求人サイトや求人誌の情報を一生懸命見ることだけに意識が向いてしまいます。

自分でビジネスを作り出す発想

そこで、今回提案をさせてもらうのが

「時給」をベースにして副業のことを考える、副業を探すのではなく

自分でビジネスを作り出すという発想をベースにして副業を考えるということです。

正直、簡単ではありません。

人によっては、
今までの経験によっては、
ご自身の環境によっては、

非常に難しい、ハードルが高い。無理、できない!

と思われるかもしれません。

しかし、この発想ができていかないと結局はいつまで経っても時給労働に縛られて生きていくことを選択しなければならなくなってしまいます。

老後もビジネスが継続できる

自営業者にとってメリットでもありデメリットでもあるのが、

死ぬまで仕事が続けられるということです。

もちろん、業種によっても異なる場合がありますが、
経営者、ビジネスオーナーとして立場になれば、年齢に関係なく仕事を継続することができます。

今回のコロナによる経済の落ち込み、そしてコロナ禍によって起こっている失業や減給、収入減の状況は将来、年金生活になっても同じように起こる可能性は十分に考えられます。

将来、少子高齢化がますます進行して、
年金が徐々に削減されていき、年金収入だけでは生活が苦しくなる。

バイトやパート等で高齢者でもできる仕事を探そうとするが、仕事が自体が無かったり、体力的に長時間労働ができないので、時間給労働による収入が確保できない。
また、今回の「コロナ」のような状況になれば、ますます雇用環境は厳しくなります。

というようなことは容易に想像ができます。

自分でビジネスを持つ強み

自分でビジネスを作り出す能力を身につけることができれば、時間に左右されずに稼ぎだすことができます。

最初の内は「無給」であることもあるでしょう。

スタートから数日、数カ月、もしかすると数年は時給で働いた方が稼ぐことができるかもしれません。

しかし、自分でビジネスを作り出す能力を身につけることができれば、ご自身の人生に大きな影響を与えることは確実です。

まずは、「自分でビジネスを作り出す」という発想を持ち、その心構えで副業を探すようにしてみましょう。

意識が変われば結果が変わる

副業に対する意識を変えることによって、最終的には結果が大きく変わってきます。

最初に書いた「時給労働でしか自分は稼げない」という発想であれば、いつまで経っても時給での仕事を探し続けることになってしまいます。

しかし「自分でビジネスを作り出す」という発想を持って、時給労働をしていたとすれば、ご自身の仕事の中からビジネスのヒントを見つけられたり、新たな発見があるかもしれません。

実際、仕事に対する取り組みの視点が変わってきますので

結果的には本業の仕事に対する取り組み方も変わってくることでしょう。

最初から稼げないの普通

自分でビジネスを作り出し、そして稼ぐという過程においては「最初の内は稼げなくて当然」と思った方が楽です。

ですので、逆に言えば今すぐにでも稼がないと生活ができない!!
というような差し迫った状況には、もしかすると向いていない方法かもしれません。

しかし、そんな状況であっても先ほどご紹介したような「自分でビジネスを作り出す」ということを意識しながら働くことが重要です。

無理をして身体を壊さないこと

そして何より、無視してしまいがちなのがご自身の健康状態や体力です。

特に若い内は無理がきくので、自分自身に大きな負荷をかけてしまいがちです。
無理をして、身体を壊し、動けなくなる、ケガをする、身体がついていかない。ということになると、結局は何もできなくなってしまいかねません。

無理をする、負荷をかけるのであれば

自分の思考に対して負荷をかけてみましょう。

要は、とにかく考える!ということです。

もちろん、考えるばっかりで、行動が伴っていない、何もしない。

ということでは、結果も生まれません。

無理をして、身体に負荷をかけるのではなく

無理ができるのであれば、自分の思考に対して負荷をかけてみることで

考えがより深まったり、より立体的な思考、発想、表現ができるようになってきます。
よく言われる「頭に汗をかきましょう」ということです。

副業の考え方のまとめ

今回は副業の考え方について書いてきました。
まとめとしては

時間給労働に意識を向けるのではなく

自分のビジネスを作り出すことに意識を向ける

ということです。

経験をしたことがない、考えたことが無い方には難しいことかもしれません。

しかし、この「意識」を日常的に持っておくだけで結果が大きく変わってくることでしょう。

また、日常の行動や関心、手に入れようとする情報が変わってきます。

ぜひ、ここを人生の転換点として活用いただければ嬉しく思います。