事前無料相談会のご案内 詳しくはこちら

タスクを先にやる感覚を身につけると自然と気持ちが楽になる

  • URLをコピーしました!

こんにちは。ヨネイカンです。

いつもブログをご覧になっていただきありがとうございます。

私が仕事をしている中で特に大切にしていることを今回は1つお伝えしたいと思います。

お仕事をやっていく中で、

  • 何かうまくいかない
  • 行き詰まってしまう
  • スケジュールに追われていつも疲れている

そんな方の参考になればと思います。

目次

先にやって終わらせる

私が仕事に取り組む中で、特に大切にしている1つの事、それは先にやって終わらせることです。

毎日の業務の中で多くの仕事が目の前にやってきます。

その中からすぐにできること、目の前のやるべきこと。

これらをさっさと終わらせてしまいます。

まず目の前の優先度の高いものはさっさと終わらせてしまいます。

そして、次にできそうなものもとにかくやってしまいます。

期限や締め切りまで待つことなく早めに終わらせること、完了 させることをとても大切にしています。

期日に間に合わなかったら

といっても、私も完璧な人間ではありません。

ときには失敗することを期限までに間に合わないこともあります。

そんな時、どんな気持ちになるでしょうか?

わたしは、不安になったり、落ち込んだり、自己否定的な気持ちが出てきます。

そういった場合、自分自身の気持ちのケアと共に、現実的な問題・課題の要因を考える必要があります。

なぜ期日までに間に合わせることができなかったのか?

もっと早めに完了させることができなかったのか?

その要因を考え、次は遅れないようにするめの対策を早めにとっていくように心がけています。

例えば、ルーティンワークのようなものであれば、スケジュール帳やカレンダーアプリに締め切りを先に入れておくことによって、締め切りに対する意識付けが早い段階からできるようになります。

終わらせることの恐怖はないか?

最近気づいたことがありました。

それは仕事を終わらせてしまうことへの恐怖です。

仕事が終わると手持ち無沙汰になって、また新たな仕事を頼まれて忙しくなるのではないか。

仕事が終わって暇そうにしていると、周りの人からサボっていると思われるのではないか。

仕事が終わり、何もしていない自分には価値がないのではないか?

そのように自分で思ってしまったり、人から思われてしまう恐怖心はないでしょうか?

忙しい感じがしていると、何となく満たされることはないでしょうか?

もしかすると、仕事が終わってしまうことに対して、無意識的に恐怖心を感じている自分がいるのかもしれません。

成長するには終わらせることが重要

3月はちょうど卒業式のシーズンです。

卒業は1つの節目です。終わりを意味しています。

学校卒業することによって一連の教育課程を完了し、次のステップへと進むわかりやすいきっかけを作ってくれます。

卒業に比べると、日々の業務の中での「完了」はとても小さなことのように思うかもしれません。

しかし大切にしたいのはこの「完了させる感覚」だと思っています。

一つ一つの業務に対して「確実に終わらせていく」ことで、次へと進む感覚を身につけることができれば、自然と自分自身が成長していく感覚が身に付くと感じました。

私はこれまで日々のルーティンの中で、なんとなく次の仕事をこなしていく一つ一つの業務を確実に完了させるといった意識を持つことがあまりありませんでした。

もちろんそれでも業務は進んでいくのですが、今回ご紹介したような「完了させる感覚」を持つことができれば確実に自分自身のステップアップや成長する感覚を手に入れることができるように思います。

ぜひ、モノは試しと思って、日々の業務の中でまずは簡単に完了できそうなものを選び、タスクとしてリストアップし、実際に完了させてみてください。

タスクが完了したらタスクリストから外し、自分の中で完了した感覚を落とし込んでみて下さい。

タスクの完了

早めに終わらせると気持ちが楽になる

私は普段の仕事の中で、一つ一つの業務を早めに終わらせる、完了させることが実現できたことで新たな発見がありました。

それは実際に「完了」させたことによって、気持ちがとても楽になったことです。

自分自身が感覚的にはとても軽くなったような印象はありました。

何かに縛られるのではなく、より自由な存在として自分自身を感じ取ることができています。

先ほども書きましたが、私の中には仕事を完了させることへの恐怖心がありました。

例えば、こんな気持ちです。

  • 仕事を終わらせると次の仕事を考えないといけない
  • さらに仕事をふられて大変になる
  • 何もやることがなくなって、サボっていると思われる
  • やる事がなくなった自分には存在価値がないのではないか

こんなことを思っていたのです。

しかし、 実際に仕事を終わらせると、このような気持ちは完全なる思い込みであることがわかりました。

イメージの中で自分の中で勝手に恐怖心を作り出していたのです。

先に終わらせる感覚

今回の記事では、私は仕事の中で大切にしている先に終わらせる感覚、実際に完了させてことの大切さをお伝えさせてもらいました。

業務のスピードや完了までに要する時間は人によってそれぞれ違うと思います。

しかし最終的に「業務を完了させる」ことは、きっと日々お仕事をされているのであれば、やっていることなのではないでしょうか。

なんとなく曖昧に仕事を続けていくのではなく、一つ一つの業務に対して「完了させる」意識付けを持つことによって、日々の仕事への取り組み方や考え方に大きな影響を与えます。

何も難しく考える必要はありません。

とてもシンプルです。

終わらせる。完了させる。

その感覚をぜひ見つけてもらえると、何かが外れるような新しい感覚を見つけられるかもしれません。

事前相談会のご案内

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次